あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

能登半島地震は輪島市を西に1.3m移動させる程の規模だった

1月1日に能登半島を襲った地震の被害は甚大なものだ。現在でも、予断を許さない状況が続いている。

新たな報告によると、このマグニチュード7.6の地震は、輪島市を西に130cmも移動させるほど巨大なものであることが判明した。

地震研究に力を入れている日本では、研究者らが地震時の地面の動きを正確に測定できるよう、全国に戦略的にGPSステーションが配置されている。今回このネットワークのおかげで、当局は土地の移動を測定することができた。

最近の地震の後、陸地が最大130cm西に移動したことが明らかになった。だいち2号による衛星画像では、特に能登半島の西側で、揺れによる地表の隆起が最大で4メートルも観測された場所もあったという。

000253956
(Credit: 国土地理院)

この隆起によって、約80cmの津波が海岸線に到達した際の衝撃が緩和された可能性があるとBBCは報じている。

一部の地域では、水、電気、携帯電話への接続ができないままであり、住民の将来に不安の影を落としている。死傷者の数は増加の一途をたどっている。

太平洋盆地の火山と断層が織り成す土地に位置する日本は、頻繁に地震活動に見舞われることで知られている。

「日本人ほど災害に強い民族は地球上にいないでしょう」と、災害を専門とする東京大学の片田 敏孝教授は言う。

日本は4つの重要な地殻プレートの収束点に位置しており、マグニチュード6.0以上の地震が世界全体の約20%を占めている。

日本はその脆弱性をよく認識しており、強靭なインフラと市民の備えのために多額の投資を行ってきた。厳格に施行された建築基準法、市民を対象とした包括的な訓練、高度な早期警報システムは、耐震性に対する日本のコミットメントを示している。

研究者らは地震の正確なタイミングや規模を予測することはできないが、日本の警報システムは、人々が身を守る行動をとるための重要な数秒を提供し、備え対策の価値を実証している。


今回の能登半島地震における災害義援金の受付は、石川県のサイトでも受付しています。

また、ふるさと納税という形での支援も行えます。皆さまの温かいご支援をお願いいたします。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする