『マリオ』映画がアニメ史上最高記録を達成、任天堂は460億円以上の収益を受け取る予想

masapoco
投稿日 2023年4月11日 9:52
supermario movie trailer 2

映画『ミニオンズ』で有名なIllumination Entertainmentと任天堂による映画『スーパーマリオブラザーズ』が先週から公開され、爆発的ヒットを記録している。同映画は最初の5日間で、全世界で3億7,700万ドル(500億円)以上を稼ぎ出し、アニメーション映画としては史上最高記録を樹立した。

この成功を受けて、投資銀行Jefferiesは、任天堂はこの事業から少なくとも3億5千万ドルの利益を得ることになると予想している。日本の株式市場では、任天堂の株価は約4%の上昇を見せている。

2月に入り、任天堂は通期決算の見通しを下方修正した。同社は2023年のSwitchコンソールの販売台数を1,800万台と予想しており、前回のガイダンスである1,900万台から引き下げました。この下方修正は、Switchコンソールの老朽化に関する憶測を呼び、減速している勢いを復活させるために今、アップグレードが必要なのではないか、というものだった。

任天堂は、売上高を1兆6,500億円(前回ガイダンス1兆6,500億円)から1兆6,000億円(同12兆9,200億円)に変更する見込みであり、これに伴い、通期の営業利益は4,800億円となる見込みだ。

2月にJefferiesは、任天堂がコンソールの価格を下げることで、Switch本体の需要を増やすことが可能であると推測していた。同社は2017年のSwitchの発売以来、一度も値下げを行っていないことを念頭に置いている。

任天堂の販売面での弱さを考えると、映画『スーパーマリオブラザーズ』の大成功は、今年に入ってからまだ1%強の下落にとどまっている任天堂の株価にとって、必要な強気の刺激といえるだろう。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • ai town header
    次の記事

    Googleとスタンフォード大学、ChatGPTを使ってThe Simsの様な仮想世界を構築

    2023年4月26日 14:14
  • 前の記事

    人間よりも素早くバナナの皮をむくゾウがベルリン動物園にはいるようだ

    2023年4月11日 6:14
    elephant

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事