あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

月の裏側から地球を見る“”を、見たことがあるだろうか?

2022年11月28日(月)、NASAの宇宙船オリオンは、地球と月がすぐ隣にある様子を示すライブ映像をストリーミング再生し、その後、月が地球を食する素晴らしい景色を映し出した。

なんて素敵な時間なんだ画像編集者のKevin Gill(ケビン・ギル)氏は、この言葉を最もよく表したかもしれない。

この映像は、オリオンのヨーロッパサービスモジュールの太陽電池アレイの先端に取り付けられたカメラの1つから撮影されたもので、月の向こう側約64,000km、地球からの距離にして約431,300kmを移動しているところだ。 宇宙船は時速2,816kmで巡航している。

月が地球の手前にすっぽりと入り込んだタイミングで、オリオンからの信号が映像に映らなくなった。

artemis moon earth 1 580x309 1
地球から約44,000km離れたオリオン宇宙船から見た地球と月 (Credit: NASA)

Universe TodayのDavid Dickinson(デイヴィッド・ディキンソン)氏がイベントの様子をビデオにまとめた。

このカメラは、基本的にGo-Proをパワーアップさせたもので、宇宙旅行にも耐えられるように頑丈に作られている。

「オリオンの4つの太陽電池ウィングの先端には、市販のカメラが取り付けられており、宇宙で使用するために高度に改良され、宇宙船の外観を見ることができます」と、ヒューストンのNASAジョンソン宇宙センターでオリオン計画の画像統合を担当するDavid Melendrez(デビッド・メレンドレス)氏は言う。

Melendrez氏によると、アレイは宇宙船の他の部分に対して位置を調整することができ、オリオンを動かすための電力に変換される太陽光の収集が最適化されるとのことだ。また、NASAジョンソン宇宙センターのミッションコントロールセンターにいるフライトコントローラーが、検査のために宇宙船のさまざまな部分にカメラを向けることができ、地球や月を含む宇宙空間の周囲を記録することができる。

11月26日(土)、NASAは、オリオン宇宙船が有人宇宙船の地球からの最遠距離移動の記録を更新したと発表した。今までの記録は、これまでアポロ13号が保持していた地球からの距離248,655マイルである。

しかし、スヌーピーと呼ばれたアポロ10号の月着陸船(司令船はチャーリー・ブラウン)が、まだ宇宙を旅しているかもしれないことは考慮されていない。 月周回とドッキングに成功した後、スヌーピーは投下され、太陽の周りを回る軌道に乗った。53年後の現在も、天文軌道を回っていると考えられている。イギリスと海外の天文学者のチームが、その発見を試みているが、今のところ幸運は訪れていない。

1080px Apollo 10 Lunar Module Rendezvous 580x580 1
1969年、司令船とドッキングしようとしているアポロ10号の月着陸船。(Credit: NASA)

一方、オリオンは宇宙船と地上システムをテストするシェイクアウトフライトという無搭乗ミッションを続けている。11月16日にスペース・ローンチ・システムロケットで打ち上げられ、50年ぶりに宇宙船が月面にいるミッションだ。オリオンは打ち上げから約25日後に地球に帰還する予定であり、現在のところ12月11日に着水することになっている。今日、私たちに素晴らしい景色を見せてくれているのと同じ外装カメラを使って、エンジニアはオリオンの外装を評価することができ、それは素晴らしい状態であると判断された。したがって、オリオンはすでに再突入を許可されている。

この記事は、NANCY ATKINSON氏によって執筆され、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする