【閲覧注意!】クモの死骸をグリッパーにして物をつかむことに成功したという研究が発表

masapoco
投稿日
2022年7月26日 11:59
spider imagew

以下の記事では、一部で虫の画像が掲載されています。不快に感じられる方もいらっしゃると思いますので、ご注意の上お読み下さい。

動物から着想を得て、ロボットの動きを改良し、より動物の効率的な動きや機能を再現すると言う研究はこれまでにも多く行われていたが、今回米国の科学者により発表された方法は、そんな従来の研究の常識を遙かに超えた物だろう。彼らは、実際に死んだクモを操って、小さなものを繊細につかむ方法を考案したのだ。

生分解性のロボットとして生物を直接利用する

クモは、哺乳類が相反する筋肉を伸縮させて手足を動かすのとは異なり、血圧を使って足を動かしている。具体的には、クモの頭の近くにある「肛門室」が収縮すると脚に血液が送られ、脚が伸びる。そして、その圧力が抜けると、脚は再び閉じられる。イメージとしては、吹き戻し(ピロピロ笛)みたいな物だろうか。

クモが死ぬと、彼らの心臓は鼓動を停止し、その油圧を失う。これが、彼らが死ぬと丸まってボールのようになる理由だ。しかしその丸まって死んでしまったクモの死骸と空気で満たされた注射器とを組み合わせると、便利な既製のロボットグリッパーになるという。

テキサス州ライス大学のDaniel Preston助教授とFaye Yap大学院生が率いるチームは、死んだオオヒメグモに手動でこのような動きを起こさせることができるかどうかを調べることにした。科学者たちはこの研究分野を、死体を表す「Necro-」とロボット工学の「Robotics」を合わせて、 「Necrobotics: ネクロボティクス」と名付けた。

Preston助教授はプレスリリースの中で、「この分野のソフトロボティクスは、これまで利用されていなかったタイプの動作や材料を利用できるため、非常に楽しいものです。クモは、この分野の研究研究対象としてこれまで使われたことのないものですが、多くの可能性を秘めています」と述べている。

方法としては、まずクモを安楽死させる。その後、肛門室に針を刺す。針を刺したところに接着剤を一滴垂らして、針が動かないように固定する。

その針に取り付けた注射器で少量の空気を送り込み、脚を開かせる。そして、空気を抜くと脚が閉じる。これまでの実験で、このクモ型ネクロボディグリッパーは、クモ自身の体重の130%以上を持ち上げることができたという。

研究者によると、オオヒメグモの関節は非常に丈夫で、組織が劣化し始めるまで約1,000回の開閉サイクルが可能だったとのことだ。更に生分解性のポリマーコーティングを施すことで、寿命が延びることが期待される。

このネクロボディ・グリッパーは、不気味な科学研究の対象であるだけでなく、実用的な用途にも使えるかもしれない。

「このような小さなスケールで物体を分類したり移動させたりするような反復作業や、マイクロエレクトロニクスの組み立てのようなものまで、検討できるかもしれません。また、クモは生分解性を持っています。ですから、従来の部品で問題となるような大きな廃棄物の流れが発生することはありません。」とPreston助教授は述べている。


論文

参考文献

研究の要旨

進化によって完成されたデザインは、チーターの運動能力やクラゲのコンプライアンスを模倣した、生物にインスパイアされた動物のようなロボットに反映されている。バイオハイブリッド・ロボットは、さらに一歩進んで、生きた素材を工学的システムに直接組み込む。バイオインスパイアとバイオハイブリッド化は、新しいエキサイティングな研究につながっているが、人類は、初期の祖先が動物の皮を衣服として着用し、骨を道具として使用して以来、生物由来の材料(生物に由来する非生物材料)に依存してきた。この研究では、無生物のクモを、たった1回の簡単な製作工程ですぐに使えるアクチュエーターとして再利用し、生物由来の素材をロボット部品として使用する「ネクロボティクス」の分野を開拓した。クモのユニークな歩行メカニズムは、脚を伸ばすために拮抗する筋肉ペアではなく、水圧に依存している。このネクロボティック・グリッパーは、不規則な形状を持ち、自身の質量の130%までの物体を把持することができる。さらに、このグリッパーはハンドヘルド・デバイスとして機能し、屋外環境では自然にカモフラージュすることができる。ネクロボティクスは、運動と関節のための同様の油圧機構を持つ他の生物に由来する生物材料を組み込むために、さらに拡張することができる。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • samsung exynos
    次の記事

    Appleで長年チップ開発に携わった専門家がSamsungに引き抜かれ新たなセンターのディレクターに就任

    2022年7月26日 14:07
  • 前の記事

    NVIDIAの次期フラッグシップGPUは18176コアと48GBメモリを積んでおり、TDP800Wのモンスターになる可能性

    2022年7月26日 10:40
    NVIDIA GeForce GPU 1 very compressed scale 2 00x Custom
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • ひまわりにヒントを得た都市計画が太陽エネルギー利用を最大化する

  • b6be93e86947a9e76001069ffb1fcfa9

    私たちの体内で発見されたウイルスのような”生物学的実体”である「オベリスク」を専門家が解説

  • file 20231206 15 lq4hvc

    かつて中国南部を闊歩していた巨大な「猿の王」の絶滅の謎が解かれた

  • b483b2a1ac7565040ebba10779bb24b9

    “男性は女性の涙に弱い”事が科学的に正しいことが判明

  • suicide

    血液検査によって自殺願望のある人を事前に特定することが出来るようになるかも知れない

今読まれている記事