かつて中国南部を闊歩していた巨大な「猿の王」の絶滅の謎が解かれた

The Conversation
投稿日
2024年1月11日 10:43
file 20231206 15 lq4hvc

巨大生物といえば、恐竜やマンモス、あるいは神秘的な獣を連想するのが普通だ。しかし、人類の系譜をさかのぼると、身長3メートル、体重250キロの非常に遠い親戚を見つけることができる。これがGigantopithecus blackiであり、霊長類の中で最も強大で、古生物学における最大の未解決ミステリーのひとつである。

現在の中国南部、広西チワン族自治区で200万年近く生存していたにもかかわらず、化石記録には数千本の歯と4つの顎の骨しか残っていない。首から下は何もない。

さらに、他の霊長類が繁栄していた時代に化石記録から姿を消したという謎もある。巨人はどこへ行き、何が巨人を倒したのだろうか?

2015年以来、中国、オーストラリア、アメリカの科学者チームは、中国南部の特徴的な地形でこの強大な獣を追いかけてきた。私たちの研究結果は『Nature』に掲載され、季節性、ストレス、脆弱性の物語を明らかにしている。

絶滅の時期を見つける

広西チワン族自治区の2つの地域にある22の洞窟から、5年間にわたって何百もの洞窟を徹底的に調査・発掘し、その証拠を絞り込んだ:ベトナム国境に近い崇左と南寧に近い富冰盆地である。これらの洞窟のうち、11の洞窟にはG. blackiの証拠があり、他の11の洞窟(同じような年代範囲)にはG. blackiの証拠はなかった。

私たちのチームは、洞窟の堆積物にいくつかの年代測定技術を適用した。長石(一般的な造岩鉱物)のルミネッセンス年代測定、石英の電子スピン共鳴年代測定石筍や同様の堆積物化石のウラン系列年代測定などである。その結果、157もの放射年代が得られた。

私たちはこれらのデータセットを使って、G. blackiが化石記録から消えた時期を正確に特定し、「絶滅の時期」を定義した。これによって、ある期間をターゲットにして環境の変化を詳しく調べることができた。

次に、古代の花粉粒、他の動物の骨、堆積物の微細な部分など、環境と行動の証拠となる8つの情報源を調べた。

さらに、G. blackiの歯そのものから、同位体組成、微量元素、歯の表面の摩耗パターンなど、豊富な情報を得ることができた。この証拠から、食餌、移動パターン、生息地の嗜好性、食物源の多様性、ストレスなどを知ることができる。

このデータは、巨大類人猿の十分な年代を示す証拠としては最大のコレクションであり、環境と行動の変化に関する十分な文書によって初めて裏付けられたものである。また、霊長類の中で最も近縁のオランウータンとの比較から、G. blackiの栄枯盛衰が明らかになった。

強い季節

驚くべきことに、G. blackiが絶滅したのは29万5千年前から21万5千年前と、これまで考えられていたよりもずっと最近のことである。それ以前は、G. blackiは豊かで多様な森林で繁栄していた。

しかし、60万年前から30万年前の間に、環境はより変化に富んだものになった。四季の強さが増し、森林植物群落の構造が変化したのである。20万年前までには、森林の荒廃が始まった。

G.blackiの近縁種であるにもかかわらず、オランウータンはこのような森林の変化に対応するために、そのサイズ、行動、生息地の嗜好性を適応させることができた。彼らの化石からは、この時期にはストレスがほとんどなく、柔軟でバランスのとれた食生活を送っていたことがわかる。

しかしG. blackiは、果実をつける植物のような好物の食料源が手に入らなくなると、小枝や樹皮のような栄養価の低い予備の食料に頼るという致命的なミスを犯した。このため、巨大類人猿の食物の多様性は減少し、俊敏なオランウータンに比べて機動性に劣る体格は、採食の地理的範囲を制限することになった。

驚くべきことに、G. blackiもこの期間に体格が大きくなっており、これがさらに食料源の問題を助長し、種に計り知れない慢性的なストレスを引き起こした。このストレスは歯の微量元素マッピングに見ることができ、絶滅の危機に瀕している種についての洞察を与えてくれる。

適応の失敗

その直接的な結果として、G. blackiは環境ストレスの増大にさらされ、その数を減らしていった。

このような特殊な食物と生息地の嗜好性を持つことで、G. blackiは環境や生息地の変化に弱かったようだ。オランウータンのような俊敏で移動性の高い種に比べ、その大きさと餌の選択が適応を妨げていたのである。

G.blackiの物語は、絶滅の教訓である。ある種がいかに変化を生き延びる術を備えているか、またある種がいかに脆弱であるかということである。この教訓は、6度目の大量絶滅の危機が迫っている今、私たちが肝に銘じなければならない教訓である。

過去の絶滅を理解しようとすることは、霊長類の回復力を理解するための良い出発点である。過去と未来の両方において、他の大型動物の運命を知る手がかりになるかもしれない。


本記事は、Kira Westaway氏、Marian Bailey氏、Renaud Joannes-Boyau氏、Simon Haberle氏、Yingqi Zhang氏らによって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Giant ‘kings of apes’ once roamed southern China. We solved the mystery of their extinction」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • steam main back
    次の記事

    Valve、Steamにおける生成AIコンテンツを含むゲーム公開について新たなルールを発表

    2024年1月11日 11:05
  • 前の記事

    Samsung、低遅延・低消費電力・広帯域の新型DRAMを発表

    2024年1月11日 9:21
    12nm Class DDR5 DRAM dl3 1
この記事を書いた人
The Conversation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • neuralink inplant

    Neuralink、脳インプラントを埋め込まれた被験者がPCでチェスや『シヴィライゼーション VI』をプレイ出来たと発表

  • 054e66f4b04e57c58f391d7fd1f2bca6

    脳が「フロー」や「ゾーン」と言った超集中状態をどのように実現しているかが明らかになった

  • ひまわりにヒントを得た都市計画が太陽エネルギー利用を最大化する

  • b6be93e86947a9e76001069ffb1fcfa9

    私たちの体内で発見されたウイルスのような”生物学的実体”である「オベリスク」を専門家が解説

  • file 20240206 26 8guoy5

    脳は宇宙で最も複雑な物体だ。これは、それを解読し、人の心を読み取ろうとする科学者たちの探求の物語である

今読まれている記事