あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

身体にスプレーを吹き付けるだけで服になる – 度肝を抜くコペルニのパリコレでのパフォーマンスが世界中で話題に

セバスチャン・マイヤー(Sebastien Meyer)とアルノー・ヴァイヤン(Arnaud Vaillant)が手がけるフランスのファッションブランド「COPERNI(コペルニ)」は、パリファッションウィーク2023春夏コレクションのランウェイショーにて、スーパーモデルのBella Hadid(ベラ・ハディッド)に「スプレードレス」を着用させ、話題をさらった。

このドレスは、マイヤー氏のテクノロジーへのこだわりから生まれたコンセプトで、「衣服の製作過程」をショーにそのまま持ち込むものだという。

白いTバックショーツ姿のみという、ほぼ裸の姿で現れたハディッド氏の身体に、集まったスタッフが白いスプレーを吹き付けると、みるみるうちに硬化していき、布のような素材へと変化していった。その後、チームが硬化したドレスをカットしたり、調整すると、サイドに深いスリットの入ったタイトなドレスへと変貌し、フィナーレを飾った。

このスプレーは、スペインのファッションデザイナーで科学者のManel Torres(マネル・トレス)氏が設立したFabrican社が開発した液体で、スプレーすると体温で蒸発して綿や合成繊維だけが残り、身体にピッタリとくっつき、ジャージのような生地のドレスになるという代物だ。また、剥がすと再び溶液に溶かして再利用できるという。

まさに魔法のような展開に、関係者のみならず、ネット上でも賞賛の嵐となっている。ショーの様子は下の動画からどうぞ(一部センシティブな内容を含みます)

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする