あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Sony、新開発の2層トランジスタCMOS採用で低照度性能が倍増した「Xperia 1 V」を発表

Sonyは、同社のスマートフォンXperiaシリーズの最新フラッグシップモデル「Xperia 1 V」を発表した。

Sony Xperia 1 Vは、美しいカメラ、microSDカードスロット、ヘッドフォンジャック、大容量バッテリー、そして美しい画面と、最高のスマートフォンで求められる全ての点を満たしている。

747 Design 02 cmf black Large static M
(Credit: Sony)

最も注目すべきはカメラだろう。Sony Xperia 1 Vは、5200万画素のF1.9レンズと、新開発の1.35インチの2層トランジスタ画素積層型CMOSイメージセンサー「Exmor T for mobile」を採用している。このセンサーは、前モデルのXperia 1 IVに搭載されたセンサーよりも1.7倍大きいとのことだ。Exmor T for mobileは画素構造を2層分離としたのが最大の特徴となっており、1層目はフォトダイオードの容量を拡大して取り込む光を最大化し、2層目はトランジスタを拡大して耐ノイズ性能を最大化している。2層に分離することで、それぞれの性能を最大化できるのがメリットだ。このセンサーは、光感度が大きく向上しており、低照度性能はXperia 1 IV比で2倍になっているとのことだ。

img 002
新開発イメージセンサー
「Exmor T for mobile」(Credit: Sony)

このセンサーは4.3:3のアスペクト比で画像を撮影することに成功しているが、写真と動画は4800万画素を使って撮影するだけで、もちろん1200万画素のビンディングショットも可能である。

その他、85mmから125mmズームまでの1200万画素可変望遠カメラと1200万画素ウルトラワイドカメラを搭載している。また、Sony Xperia 1 Vは、S-Cinetoneオプション、ナイトシューティング、フォーカスピーキング、クリエイティブルックなど、Sonyのミラーレスカメラ「α」シリーズでお馴染みの撮影を補助する多くの機能が搭載されている。なにより、αカメラを持っていれば、スマートフォンを外部ディスプレイとして使うことができ、完全な写真エコシステムを作ることができるのも特徴だ。

内部的には、フラッグシップスマホなら当然搭載しているであろうSnapdragon 8 Gen 2プロセッサを搭載している。RAMは16GB、ストレージは512GBを内蔵している。microSDカードスロットでアップグレードすることも可能だ。前面には6.5インチの4K、120HzのOLEDディスプレイが採用されているが、LTPOパネルではないので、常時表示などの機能はない。バッテリー容量は5,000 mAhで、30Wの有線充電と15Wのワイヤレス充電が可能だ。充電器は付属していない。

また、フロントとリアにGorilla Glass Victus 2、IP68等級、デュアルステレオスピーカー、シャッターボタン、sub-6GHz 5Gを搭載している。外形寸法は165×71×8.3mm。質量は187g。

カラーはブラック、カーキグリーン、プラチナシルバー。価格はオープン。店頭予想価格は税込19万5,000円前後。SIMフリーモデルは7月中旬以降、キャリアモデルは6月中旬以降に発売予定だという。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする