あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Appleは、長年にわたる独自の研究開発を経て、来年にiOS 18と共に生成AI技術を導入する予定と言われている。この技術は段階的に展開される予定であり、WWDC 2024イベントで初めて公開される可能性が高い。特に注目すべき点は、iPhone 16モデルにのみ提供される専用の生成AI機能の存在だ。

新たな情報によると、iPhone 16およびiPhone 16 Proモデルは、デバイス上での処理による独占的な生成AI機能を搭載する事で、既存モデルとの差別化が図られるという。これに対し、旧モデルはクラウドベースの方法を使用すると言われている。

iPhone 16シリーズはオンデバイスAIに対応

iPhone 15 Proモデルは、TSMCの3nm製造プロセスに基づくAppleのA17 Proチップで動作している。来年、同社は同じチップ製造プロセスを使用する可能性があるが、N3BからN3Eノードに切り替えられ、生産性の向上が測られる。同様に、標準のiPhone 16モデルもこの技術を使用すると噂されている。

リーカーのRevegnus氏によると、AppleはiOS 18に対応する既存のiPhoneモデルにクラウドベースのAI機能を提供する。加えて、今後発売されるiPhone 16およびiPhone 16 Proモデルは、デバイス上でのAI機能を処理できるという。最近、AppleがiPhone 16シリーズ用に3nm N3Eプロセスに基づく新しいAシリーズチップの設計をTSMCに依頼したと報じられた。新しいA18 Proチップは、iPhone 16で生成AI機能を使用するためのAppleの要件となる可能性が高い。

ただし、A17 Proチップ(これがそのままの名前で搭載されるかは不明だが)を流用すると見られるiPhone 16もオンデバイスAIに対応するとされると、同じ性能のチップを搭載するiPhone 15 ProモデルがオンデバイスAIの利用を制限されるとすれば、これはハードウェア的な制限ではなくソフトウェアによる制限の可能性も高そうだ。

Appleは、すべてのiPhone 16モデルに新しい静電容量式ボタンを内蔵するテストを行っているとも報じられている。このボタンはタッチと圧力を感知する能力を持ち、iPhoneでの新しい入力コマンドを可能にするかもしれない。Appleは、このボタンを特定の生成AI機能に使用する可能性があるが、これは現時点では単なる憶測に過ぎない。

リーカーによると、AppleはSiriを生成AI技術で強化し、Messagesなどのさまざまなアプリに統合する計画とされている。BloombergのMark Gurman氏は、同社がデバイス上での処理かクラウドベースの方法かを使用してこの技術を導入するかどうかをまだ議論中であると述べている。現時点では、Appleは次世代OSの開発を一時中断し、バグ修正と品質の向上に務めているとされている

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする