あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Seasonicは、RTX 40XXグラボの12VHPWR電源ケーブルを曲げるためドライヤーの使用を推奨している

NVIDIAの最新グラフィックボード「GeForce RTX 4090」では、新たに搭載された12VHPWR電源ケーブルにまつわる多くのトラブルが取り沙汰されたが、その溶断と防止について、Seasonicはなんと、設置プロセス中にドライヤーでケーブルを曲げることを推奨している。具体的には、12VHPWRまたは12V-2×6電源ケーブルを使用しているRTX 40シリーズGPUは、ケースに取り付ける前に、ドライヤーのような「穏やかな熱源」でケーブルを曲げる必要があると、PSUの製造会社が公式に表明しているのだ。

12VHPWR/12V-2×6ケーブルは、従来のPCIeコネクタより小型化された反面、より多くのワイヤーを含んでいるため、ケーブルの折り曲げ許容範囲が小さくなっています。ケーブルの正しい取り付け方法については、以下の図を参照し、慎重にお取り扱いください。
注意: ケーブルを差し込む前に、ケーブルを曲げることをお勧めします。

Seasonic

Seasonicの公式サポートページで「RTX 4xxx and 12VHPW / 12V-2×6 Cable Guidance」と題された投稿の中で、引用された以下の図では、Seasonicがケーブルを曲げることができるコネクタからの正しい距離が示されている:

seasonic cable recommendation

ここでは、ケーブルのコネクタと曲げる部分を35mm以上に保つことが推奨されており、またこの曲げ作業についてはケース外で、PSUやGPUに接続されていない状態で、ドライヤーなどの穏やかな熱源を用いて注意深く加熱し、曲げ作業を行う必要があると示されている。電源ケーブルの取り付けは、必要な曲げを行うまでは一切行わず、その後、非常に慎重にケーブルを取り付けることが求められているのだ。

ケースに収めるためにケーブルを曲げる必要があります。そのために、以下の推奨事項に従ってください:

  1. 12VHPWR/12V-2×6ケーブルを電源とGPUカードから外します。
  2. ドライヤーなどの穏やかな熱源で、曲げたいケーブルの部分を注意深く加熱する。
  3. コネクタを電源とGPUに慎重に挿入します。
  4. コネクターが正しく装着され、コネクターのラッチがカチッと音を立てて所定の位置にロックされていることを確認します。
  5. コネクタが正しく固定された後は、電源側でもGPU側でも、ケーブルを曲げたりコネクタに不要な力を加えたりしないことが非常に重要です。

これらの電源ケーブルがGPUにとってどれほど深刻な安全上の問題であるかを知れば、Seasonicがなぜこのような措置を取るようアドバイスしているのか納得がいくだろう。昨年の報告以来、この電源ケーブルにまつわるトラブルは枚挙に暇がない。

この時点で、GeForce RTX 4090、12VHPWR規格、またはその両方が、大衆市場向けの準備ができていなかった可能性があると言うのは妥当だと言わざるを得ない。Seasonic電源の公式サポートが、取り付けやすい角度にケーブルを安全に曲げるために、ケーブルを事前に軽く溶かすことを勧めなければならない時点で、この規格についてユーザーはおかしいと思うのが普通だろう。

実際にドライヤーを用いてケーブルを曲げるデモは、TecLabによって以下の動画でも示されている。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする