あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Microsoftがウィスコンシン州の広大なカボチャ畑を買収

Microsoftがウィスコンシン州にある407エーカー(1.6平方キロメートル:東京ドーム35個分)という、広大なカボチャ農場を7,600万ドル以上で買収したという。

とはいえ、これはMicrosoftがこの農園のカボチャを社員食堂で提供すると言うわけではなく、この土地を全く別の用途に利用するための買収だ。Milwaukee Business Journal紙は、この買収の目的は、Microsoftがこの土地に巨大なデータセンター・キャンパスを設立するためであると伝えている。

Creuziger家が所有していたこの農地は、「Land of the Giants Pumpkin Farm」と呼ばれるアクティビティを主催し、農業とエンターテインメントの両方の事業を展開していた。

Microsoftの多額の投資は、一家にとってもこの上ない提案だったようだ。Creuziger家の代理人弁護士であるDavid Barnes弁護士は、関関係者に彼らの希望を伝え、この移行期におけるプライバシーの尊重を訴えた。同時に、Microsoftは地元自治体と契約を結び、この地域で大規模なデータセンター開発のために約2平方マイルの土地を集めた。

雇用機会の拡大に貢献

215エーカーをカバーする10億ドルの初期段階の建設はすでに進行中で、Milwaukee Business Journal紙によると、同社はこの第一期工事で200人の雇用を見込んでいるが、今後の建設でさらに460人の雇用が増える可能性があるという。

この戦略的な動きは、AI技術への需要の高まりに不可欠なデータセンター・インフラ強化への同社の投資と一致している。このような開発の急増は、ウィスコンシン州という、どちらかと言えば“田舎”と呼ばれる地方都市が、このような技術の進歩に対応する重要性を増していることを意味している。特に、AI駆動型テクノロジーの急成長する需要に応える上で、地方が極めて重要な役割を担っていることを示唆する今回の事例は、日本においても今後同様な動きが起こりうる可能性をも示す物だろう。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする