環境に配慮した豪華な水上住宅「SeaPod」が発表

masapoco
投稿日
2022年8月6日 17:53
SeaPod 2

革新的な海洋技術を専門とするパナマの企業「Ocean Builders」が、海での生活のために設計された、まったく新しいポッド型住宅を発表した。SF的な外観を持つこの特異な住居は、質の高い職人技と最新の環境技術を組み合わせて、海で快適かつ持続的に生活できるようにするとのことだ。

3つのポッド

このポッドは、最高の建築と最先端のグリーンテクノロジーを組み合わせ、持続可能で快適な住宅を提供するものだ。ラインナップには、オランダの建築家Koen Olthuis氏が設計した3つのモデルがあるという。

1つ目は水上生活を想定した「SeaPod」、2つ目は陸上生活を想定した「GreenPod」、3つ目は環境に配慮したサステナブルな「EcoPod」だ。

ポッドは、様々な機能を備えた高架式構造物で構成されている。

しかし、どのポッドも外観は一貫性のあるデザインであり、53㎡のパノラマウィンドウとパティオを備え、遮るもののない景色を眺めることができる。

先進の機能

ポッドのオーナーには、特別なスマートリングが用意されており、オーナーはこれを使う事で、照明や温度、シャワーの熱や水圧など、あらゆることをコントロールできるという。また、手を振るだけで、ドアの鍵を開けたり、音楽を流したり、住まいに関するさまざまな操作が可能だ。

また、食料、医薬品、日用品をポッドに運ぶためにドローンが使用される。

家具や荷物などのドローンでは難しいような大きな配送には、大きな船舶を使用する。ゴミの収集も船が担当する。

ポッドの下には、海の生態系を守るための自然の風景が広がり、ポッドのサステナビリティを真にアピールすることができる。

これにより、ポッドは自然環境に溶け込み、海底の邪魔になるのではなく、むしろ恩恵を受けることになるという。

ポッドの価格は、ベーシックモデルが29万5000ドルからとなり、アップグレードやカスタマイズによって150万ドルまでの幅があるとのことだ。

ただし、今のところ、パナマでの販売のみとなっている。

最終的には、このポッドは他の地域にも出荷される予定だが、詳細についてはまだ明かされていない。

Ocean Buildersは、2023年末までに最初の100台のカスタムポッドを生産または納品し、2024年には1,000台のポッドの第2次展開を行うとしている。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • FZeZya6XEAArUfE
    次の記事

    DJIのFPVドローン「Avata」のパッケージ画像や実機画像が多数リーク

    2022年8月7日 7:30
  • 前の記事

    DJIの新たなFPVドローン「Avata」モーションコントローラーでの操作動画がリーク

    2022年8月6日 16:55
    FZdRwj2aAAAQRYr
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • FBI Baltimore MV Dali

    ボルティモア橋崩落:何が起こったのか橋梁技術者が解説

  • 59349164314eea1e41dc441183b8ca5a

    AIの過剰な水消費は環境への貢献を帳消しにするかも知れない

  • sand

    フィンランドで従来規模の10倍となる新たな砂電池が建設、町全体の暖房を1週間まかなう事が可能に

  • well water

    人類は世界中で地下水を枯渇させているが、地下水を補充することで状況を改善させられるかも知れない

  • cloudy sunny

    太陽光を宇宙に反射させて地球を冷やすというのは、危険な気晴らしだ

今読まれている記事