Samsung、PCおよびノートPC向けに世界初のLPCAMM RAMを発表

masapoco
投稿日
2023年9月26日 16:08
th world 1st 32gb lpcamm pc

メモリー・チップ大手Samsungは、まったく新しいタイプのDRAMフォーム・ファクターである、「LPCAMM(Low Power Compression Attached Memory Module)」フォームファクターのDRAMチップを世界で初めて発表した。これらのDRAMモジュールは、より小さなサイズでより高速な性能を提供する。

LPCAMMメモリー・モジュール、高速化と省スペース化でノートパソコン業界に旋風を巻き起こすか

LPDDR(Low Power DDR)メモリは、PCノートPCの消費電力を削減する上で極めて重要な役割を果たしてきたものの、モバイルに特化したこのメモリの欠点は、常にその厳しいシグナリングと電力供給要件だった。電力消費を最小限に抑え、クロックスピードを最大化するために、ホストCPUの近くに配置されるように設計されたLPDDRメモリは、従来のDIMMやSO-DIMMでの使用には適しておらず、その代わりに、あらかじめデバイスにはんだ付けしておく必要があった。しかし、はんだ付けされたLPDDRメモリの時代は間もなく終わりを告げそうだ。

LPCAMMは、リムーバブル・モバイル・メモリー向けに近々発表されるCAMM(Compression Attached Memory Module)規格のLPDDRバージョンと位置づけられており、SamsungはLPDDRメモリーに同じスタイルの圧縮コネクター・インターフェースを採用することにした。その結果、CAMMスタイルのコネクターで使用される、より厳密な仕様と短いトレース長のおかげで、Samsungによれば、ついにモジュール式でスワップ可能なLPDDR5メモリーを実現することが可能になった。しかも、従来のSO-DIMMセットアップが占有するスペースの何分の一かに収まるという。

CAMMフォーマットは、JEDECがまだ標準規格を承認していないため、まだほとんど軌道に乗っていないが、SamsungはLPDDRメモリに焦点を当てることで、CAMMとは異なることを行うというアイデアを実行に移そうとしている。しかし、LPCAMMのフォーム・ファクターはCAMMと物理的にも電気的にも互換性がないため、名称や圧縮コネクターの使用は似ているが、両者に互換性はない。しかし、両者はそれぞれのメモリ・タイプで同じアイデアを追求している。

LPCAMMはすでにSamsungで2024年の商用リリースに向けて開発が進められているようだ。

LPCAMMCAMMSO-DIMMはんだ付け
メモリの種類LPDDR5DDR5DDR5LPDDR5
最大公式データレート7500MT/秒6400MT/秒?6400MT/秒8533MT/秒
現在の最大容量128GB(予定)128GB192GB
(48GB×4)
32GB
(64ビットバスあたり)
バス幅128ビット128ビット64ビット可変
寸法78mm×23mm?67.6mm×30mm可変

LPCAMMでは、Samsungは4つのx32 LPDDR5Xメモリ・パッケージを圧縮コネクタの上に直接配置し、1つのメモリ・モジュールで128ビットのメモリ・バスを実現している。Samsungは反対側の写真やレンダリング画像を提供してくれなかったが、基本的に反対側にはすべての信号パッドがあり、フルサイズのCAMMモジュールのコネクタ部分に似ていると聞いている。

重要なのは、LPDDR5Xチップがコネクタの真上にあるため、ホスト・メモリ・コントローラとメモリ・チップ間の信号の移動距離が最小限に抑えられることだ。この距離を短縮したCAMMでさえ、コネクタから遠くのメモリチップまで、信号がモジュールに沿って移動するのにある程度の距離が必要だった。言い換えれば、Samsungは実質的にLPDDRメモリ用のソケット・フォーム・ファクタを作り、チップとマザーボードの間に必要最小限のトランスの長さとPCBだけを配置したのである。

モジュール自体のサイズは78mm x 23mmだ。LPCAMMモジュールに搭載される電子回路は、DRAMパッケージの他にSPDとパワーマネージメントIC(PMIC)のみである。CAMM規格のように、モジュールは独自の電圧レギュレーションと識別を行うことが出来る。これらの部品はシグナル・インテグリティにそれほど敏感ではなく、それなりにスペースを取るため、LPCAMMのコネクタ部分からオフセットされている。

第一世代のLPCAMMモジュールについて、Samsungは容量32GB、64GB、128GB、データレート最大LPDDR5X-7500を検討している。Samsungのカタログには現在、256Gbit LPDDR5Xメモリ・モジュールが掲載されていないため、同社がLPCAMMに8枚のモジュールを搭載する方法を持っているか、あるいはLPCAMMが来年出荷されるまでに、より大きなメモリ・モジュールを導入するつもりである可能性が高い。

Samsungによると、LPCAMMはすでに無名のIntelプラットフォーム(発表のタイミングからして、ほぼ間違いなくRaptor Lakeモバイル)で検証済みだという。LPCAMMはベンダーに依存するものではなく、もしこのフォームファクターが成功すれば、ノートPCメーカーがAMDの設計にLPCAMMを採用しても不思議ではない。

今のところSamsungは、LPCAMMがサイズや性能に関してはんだ付けLPDDR5Xメモリと比較してどうなのかについては言及していない。それ以外では、SO-DIMMの代替品として、SamsungはLPDDR5X LPCAMMがDDR5 SO-DIMMの40%のスペースしか占有せず、電力効率を最大70%改善し、LPDDR5XのLPDDR5に対する一般的な利点とほぼ一致するとしている。

しかし、この新しい柔軟性をもってしても、LPCAMMがはんだ付けLPDDRメモリに取って代わるとは考えない方が良いだろう。はんだ付けソリューションの認定速度が高いことに加え、LPCAMMははんだ付けソリューションのフットプリントの小ささにはかなわない。実装コストによっては、LPCAMMはマザーボード上のはんだ付けメモリに取って代わるかもしれないが、ウルトラポータブル機器はスペースと効率を最大化するために、パッケージ上のはんだ付けメモリを採用する傾向が強まるだろう。

標準化に関しては、Samsungはパートナーと協力してLPCAMMのJEDEC標準化を目指しているという。一方、JEDECは3月に、DDR5とLPDDR5の両方に同じコネクターを使用し、LPDDRメモリーをカバーするためにCAMM規格の拡張にも取り組んでいると発表した。現時点では、このグループからこれ以上の情報は得られておらず、CAMM規格が批准されない限り、JEDECがLPDDRの提案をまだ進めているかどうかは不明だ。最終的には、標準化がどのように進むかによって、LPDDRメモリにCAMMスタイルのライバル規格が登場するかもしれない。

最後に、LPCAMM(およびCAMM)については、今後数カ月、特にLPCAMMが最終的に標準化されるにつれて、さらに多くの情報が得られると思われる。すべてが計画通りに進めば、Samsungは2024年にLPCAMMを製品化し、Intelの次世代プラットフォーム「Meteor Lake」ベースのシステムに搭載する予定だ。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • complex systems
    次の記事

    株式市場から脳スキャンまで、複雑なシステムを理解するために何百もの科学的手法を調和させた新しい研究

    2023年9月26日 16:15
  • 前の記事

    iPhone 15 Proモデルのアクションボタンを超絶便利にするショートカット術

    2023年9月26日 14:52
    IMG 4810
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • UXL logo

    NVIDIAのAI市場支配からの脱却を目指しGoogle、Intel、Qualcommらが協力

  • sk hynix complex fab image

    SK hynix、「世界最大のメガファブコンプレックス」に総額13兆円を投資、2027年に最初のファブが稼働へ

  • GDDR7 DRAM PR main1

    Samsung、NVIDIA GTCで32Gb/秒GDDR7メモリ・モジュールを披露

  • Samsung Semiconductor Chip Plant Pyeongtaek Campus South Korea

    Samsung、独自AIアクセラレータ「Mach-1」を2025年にも発売しNVIDIAに対抗へ

  • Intel glass substrate 5

    Samsung、ガラス基板搭載チップの市場投入に向けた動きを加速

今読まれている記事