あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

SamsungCES 2023で公開する予定の新たなモニターラインナップを発表したが、今回、クリエイター向けモデルとしてMacユーザーにとっても、もちろんWindowsユーザーにとっても魅力的な同社初の5Kモニターが登場するようだ。

5Kモニター「ViewFinity S9」は、まさにAppleとLGのクリエイター向けモニターに真っ向から勝負を挑む物で、5,120×2,880のIPSディスプレイは、グレア(映り込み)を抑えるマット仕上げとなり、DCI-P3の広色域を99%カバーしているとのことだ。

ViewFinity S9は、HDMI、Thunderbolt 4、USB-C、DisplayPortなど、幅広いI/Oにも対応するとしており、最大96WでノートPCを充電することも可能になる。また、その洗練されたデザインと金属製の筐体は、Samsungのロゴがないことも相まって、AppleのStudio Displayのような高級感を演出してくれる。

CES Monitor Lineup PR dl5 Smart Monitor M80C
Smart Monitor M8 (Credit: Samsung)

加えて、Samsungは「Smart Monitor M8」も発表した。これまで同シリーズは32インチサイズで展開されていたが、今回27インチに縮小されてのデビューとなる。解像度は同じ4Kなので、画素密度が高くなっている。

画面は90度まで回転させることができ、縦長のセットアップが可能だ。また、VESAマウントにも対応している。

Smart Monitor M8は、従来のSamsung Smart Hubの機能に加え、SmartThing Hubとして動作させることができるという。また、近日中にスマートホーム機器相互接続規格のMatterに対応する為のアップデートが行われる予定だ。

両モニターの価格や入手方法は発表されていない。SamsungはCES 2023の期間中、59インチの曲面モニター「Odyssey Neo G9」と49インチの曲面モニター「Odyssey OLED G9」も公開している


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする