Samsung、AGI実現のため半導体開発拠点をシリコンバレーに設立

masapoco
投稿日
2024年2月22日 10:26
fe6a134c 5dec 41db 9603 409a9632d717 Samsung01

Samsung Electronicsが、「汎用人工知能(AGI)」開発に繋がる次世代AI半導体開発のため、シリコンバレーに新たな半導体開発組織「AGI Computing Lab」を設立した事が韓国メディアによって報じられている。

ここ最近のAIブームの中、ソフトウェア面での開発だけではなく、ハードウェア面での競争にも火が付いてきており、各社がNVIDIAの独占を崩すため、GoogleやMicrosoft、Metaを初めとしたAIプロバイダも様々な取り組みを表明している。最近では、OpenAIがチップ企業を買収する可能性や、日本のSoftBankもAI半導体の開発に向けて資金を集めている事が報じられるなど、今後AI半導体の派遣を巡る戦いは一層の激しさを増しそうだ。

AGIの実現にはまだまだ大きなハードルがあるだけでなく、そもそもそれが可能かどうかさえ不透明ではあるが、Samsungはこの技術の可能性に賭け、そのための半導体開発のためだけに新部門を設立するようだ。

Samsungは現地で「マイクロアーキテクチャ」の主任開発者など中核人材の採用を進めており、組織を拡大している。これまでSamsungは、AI半導体の頭脳を担うコアチップではなく、高帯域幅メモリ(HBM)など演算を支援するメモリ半導体を中心に市場に対応してきたが、今回、メモリを越えてAGIチップの開発に本格的に乗り出したのは、AI市場での更なる野心の表れだろう。

Samsungは、どのような種類のチップが登場する可能性があるかは明らかにしていないが、AGIの開発に貢献するコンピューティングパワーを持つことは間違いないだろう。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • qualcomm new audio platform s3
    次の記事

    Google、Google WorkspaceへのGemini統合によりGmailやドキュメントでAI機能が利用可能に

    2024年2月22日 11:35
  • 前の記事

    Microsoft、Intelと18Aプロセスによるカスタムチップの製造契約を発表

    2024年2月22日 9:07
    gmail design renew 09
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Intel glass substrate 5

    Appleがガラスコア基板の採用に向けて協議を進めている

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • sibelco spruce pine

    世界の半導体は米国のたった1カ所の鉱山に支えられている

今読まれている記事