あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

AppleのAR/VRヘッドセットの実機デモが取締役会で行われたとの噂

Apple AR headset concept

AppleがAR/VRヘッドセットを作っていることは以前から噂になっていたが、Bloombergの新たな報道によると、最近取締役会でこの新たなデバイスのデモが行われたとのことだ。

この記事の要点
  • AppleのAR/VRヘッドセットのデモが同社取締役会の席で行われた
  • ヘッドセットのOS開発がここ数ヶ月で急激に進んでいるとの情報
  • デバイスの早期発表が行われる可能性

AppleのAR/MRデバイスが開発の「次の段階」へ

Bloombergの記者Marc Gurman氏による新しいレポートによると、Appleが最近、火初中と噂のAR/VRヘッドセットデバイスを同社の取締役会の席上でデモンストレーションを行ったとのことだ。これは、プロジェクトが「次の段階」に進んだ事を示しており、製品の発表が近付いている可能性を示唆している。

Bloombergは以前、ヘッドセットの発売が2023年に計画されていると報告していたが、デバイスの早期発表が行われる可能性が出てきた。また、報道によると、ヘッドセットのオペレーティングシステム(噂ではrealityOS)の開発がここ数ヶ月で急増しているとのことだ。

Gurman氏によると、Appleはヘッドセットで使用するiPhoneアプリの拡張現実バージョンと、「没入型コンテンツのストリーミングや仮想会議の開催などのタスクを処理する」新しいアプリに取り組んでいるという。

ヘッドセットの最初の製品は、高解像度ディスプレイ、強力なチップ、および高度なセンサーを備えた、比較的かさばる高価なデバイスであると予想されている。以前のいくつかの報告では、ヘッドセットが1,000ドル(約13万円)をはるかに超える価格との話もあった。これは主に愛好家や開発者コミュニティを対象としている可能性がある。

Appleの将来的な目標は、軽量の拡張現実メガネを作ることだが、こちらについてはあと数年は実現が困難なようだ。

Appleが6月6日に開催されるAppleのWWDC 2022基調講演でAR/VRヘッドセットを発表する可能性があるとの話もあり、また、Metaも新たなVRヘッドセット「Quest Pro」を2022年9月に発売するとの情報も出てきたことから、にわかにXR界隈がにぎやかになってきたようだ。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする