あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Rolls-Royceは、月面基地の動力源とするために開発を計画している新しい核反応炉のモックアップを公開した。このマイクロ・リアクターは、幅約1メートル、長さ約3メートルのサイズで計画されている。モックアップなので、公開されたものはまだ電力を生産する能力がない。しかし、計画通りに進めば、約6年と数百万ドルの費用をかけて、2029年の月旅行に向けてデモ装置が開発される予定だ。

イギリス宇宙庁は、この革新的な月面技術の開発資金として、Rolls-Royceに290万ポンド(現在の為替レートで約5億3,000万円)を今年3月に提供した。この資金により、マイクロ・リアクターを現実のものとするための重要な研究開発が可能になった。Rolls-Royceの将来プログラムディレクター、Abi Clayton氏は、「この資金提供により、宇宙と地球の両方に大きな利益をもたらすこの技術の研究開発が進んでいる」と述べている。

この反応炉は、地球上の原子力発電所が電力を生成するのと同じ核分裂プロセスを基本とする。これまでの月ミッション、例えば中国やインドによる最近のローバーは、太陽エネルギーを電源として使用しているが、月面は毎月2週間暗闇に包まれるため、太陽光発電だけでは限界がある。ロシアの1970年代のルノホート・ローバーも太陽エネルギーに依存していたが、NASAのアポロ計画では、水素燃料電池を使用して、先駆的な有人月面着陸を行った。

宇宙飛行で使用されるより単純で弱い核エネルギー源としては、放射性同位体熱電気発生器(RTG)がある。これらの核バッテリーは、不安定な原子核がより安定したものに変化し、その過程でエネルギーを放出する自然な放射性崩壊のプロセスに依存している。RTGは長持ちするが、有人ミッションを維持するのに十分な電力を生産することはできない。一方、核分裂のプロセスは、大きな原子核をより小さな断片に分割する。この反応は単純な崩壊よりもはるかに多くのエネルギーを生産するが、開始するために外部のエネルギー源が必要である。

Rolls-Royceによると、新しい月面リアクターはモジュラー設計を採用し、地球上でも多くの用途がある。「マイクロ・リアクター技術は、商業および防衛用途をサポートする能力を提供し、産業を脱炭素化し、クリーンで安全かつ信頼性の高いエネルギーを提供するソリューションを提供する」とClayton氏は述べている。

Rolls-Royceのエンジニアは現在、核分裂によってリアクターで生成される熱を電力に変換する方法を調査している。地球上の従来の核反応炉では、この熱は水を沸騰させ、それが加圧された蒸気に変わり、タービンを回す。しかし、このようなシステムは宇宙に適した技術には少し複雑すぎる可能性がある。

イギリス宇宙庁のPaul Bate長官は、「Rolls-Royceによるこの革新的な研究は、月面に継続的な人間の存在を支える基盤を築くことができるだろう」と述べている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする