あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Robloxは、現在2億人のユーザー数を抱えるソーシャルゲーミングプラットフォームだ。特に10代の子供の間で広く人気を集めている。

Robloxのゲームを構成するMinecraftのブロックのような要素は、「マテリアル」と呼ばれ、ゲーム内の木は木材、道路はコンクリート、建物はレンガといったマテリアルを組み合わせることで構成されている。今回同社は、これらのマテリアルの見た目と動作をよりリアルにするためのアップデートを展開し、砂はより砂らしくなり、トラックのタイヤが砂にはまることができるようになった。この変更は、Robloxの視覚的忠実度を全面的に向上させるというミッションの一部であり、本日よりすべての開発者に提供される。

Robloxは、照明の改善、空間的なボイスチャット、よりリアルなアバターを導入してきましたが、今回、開発者がゲームやソーシャルスペースの制作に使用するビジュアルツールキットの中核部分を全面的に見直すことになった。

Robloxにも物理エンジンが搭載されており、それぞれの素材を何にどう使うかが重要になってくる。例えば、木でできたボーリング玉でピンを打つのと、花崗岩のような密度の高い素材でボーリング玉を作るのとでは挙動が違ってくる。これはゲームデザインにも関わってくるだろう。

Supporting Image C4 1024x576 1
マテリアルのアップデート前後の視覚的違い(出典:Roblox)

今回のアップデートで、木製のボウリングボールと御影石のボウリングボールはどちらもよりリアルに見えるようになったが、Robloxの開発者は、実際には全く異なる外観の新しい素材を導入し、代わりにそれでボールを作ることも可能だ。また、Roblox Studioの「マテリアルマネージャー」メニューにカスタムマテリアルを作成するツールが追加され、開発者はマテリアルに独自の外観と感触を与えることができ、視覚的に多様な世界を広げることができるようになった。

だが、Robloxは、ユーザーが現在のゲーム体験に満足していることも認識しており、新しいマテリアルは、開発者が作る新しいゲームではデフォルトで有効になるが、既存のゲームについては、そのオプションをオンにした場合にのみ更新される。誰でもカスタムマテリアルを作成できるようになるが、当面の間、すでに知っていて気に入っているもので作り続けることもできる。

同社は1年以上前からマテリアルの導入に取り組んでおり、以前はコミュニティからの反発を受けて、マテリアルを自動的に更新する計画を撤回し、代わりに開発者に選択権を与えることを選択したことがあった。理論的には、Robloxがある時点で古い素材を完全に廃止したとしても、開発者は新しいカスタム素材マネージャでクラシックな外観を再現し、それを維持することができる。

テクスチャやアバターをよりリアルにするというRobloxの決断は、やがて、このプラットフォームにおけるもうひとつの大きな存在であるブランドにとって、大きな意味を持つようになる可能性がある。Gucci、Vans、RALPH LAUREN、Nikeなど、Robloxにはすでに高級ブランドが勢ぞろいしており、若いユーザーを惹きつけているが、より忠実にビジュアル化することで、これらのショッピンググッズをより魅力的にすることができるからだ。

Robloxのアップグレードは、開発者、子供、ブランドなど、さまざまな人がこのプラットフォームに集まることでお互いが幸せになることを目的としている。しかし、Robloxは、包括的なビジュアルテーマや特定のゲームプレイを推進するのではなく、Robloxの中で人々が“より多くの何かを作る”ことができるようにしたいのだ。

Robloxの象徴である、レゴやMinecraftの様な単純なビジュアル・スタイルを更新することはリスクだが、同社は、「何でもありの場所」としてのRobloxの真の可能性を引き出すために取るに足るリスクだと考えている。

ある開発者は、「このアップデートは、Robloxを “Robloxのステレオタイプ “から押し出すものになるだろう」と述べている。

「私たちは、コミュニティに力を与え、彼らの想像力に生命を吹き込み、創造させることを大切にしています。そして、誰かの想像が必ずしも私たちの想像と同じように見えるとは限らないのです。」

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする