【レビュー】Peak Desginのスマホ用携帯三脚「Mobile Tripod」

masapoco
投稿日
2022年2月23日 8:57
Peakdesign mobile tripod review 13

革新的なカメラバッグを始めとした、スタイリッシュで今までにない機能を取り入れた製品を数多く開発している、米国Peak Design社が開発したスマートフォン用アクセサリシリーズ「Mobile

基本的には専用のマグネット内蔵ケースを介して様々なアタッチメントを使って自分好みの機能を加えてカスタマイズしていくシステムとなっている。

今回そのシリーズから、MagSafe対応のiPhoneならば専用ケースなしで使えるという携帯用スマホ三脚「Mobile Tripod(モバイル・トライポッド)」を購入したためレビューしていく。

実際の使い勝手や、他にはない優れた点についてご紹介する。

三脚とは想像も出来ない見た目に驚かされる

折りたたむとカードサイズの携帯性

スマホ用の三脚と言えば、一時期人気の出たタコの足のようにグニャグニャと曲がる物を想像する方が多いのではないだろうか。もしくは一般的な三脚を小型化した物だろうか。今では百均でも買えるほど一般的になっていると思うが、今回ご紹介する「Peak Design Mobile Tripod」はまず形状からして今までの携帯用スマホ三脚とは一線を画している。

折りたたんだ状態では、クレジットカードとさほど変わらない大きさ(H9.7×W5.5cm)のカード状の金属の板となっている。角は丸く切り落とされており、引っかかることはなく安全な作りになっている。

厚みも最薄部は4mm程度なので、入れようと思えばポケットにも簡単に収まるサイズ感だ。およそ「三脚」と言う言葉からはかけ離れた形状に、初見でこれが三脚であると分かる方は少ないのではないだろうか。

驚くべき事に、このカード型の金属製の板が、そのまま三脚となり、スマートフォンを取り付けることが出来るのだ。

しっかりした脚部で安定感もある

中心に収まる三角形をしているパーツを起き上がらせ、展開することで三脚の形状を見せてくれるようになる。ボールヘッドの動きは滑らかでひっかかりもなく、品質の高さが感じられる。

実際に三脚を展開してみる。実際に展開するのは10秒もかからずに行う事が可能だ。陽極酸化アルミニウム製の脚は剛性があり、ぐらつきも感じられない。脚の描くラインが美しく、全体的にスタイリッシュな作りで高級感が感じられる。

iPhone 13 Pro Maxを取り付けてみた。iPhoneはMagSafe対応のケースを付けているため、Peak Designの純正ケースではないが問題なく利用できた。もちろん、専用ケースを取り付ければ、Galaxy Sシリーズなどのスマートフォンでも使う事が出来る。

デバイスを回転させれば横向きでも問題なく利用できる。写真撮影用の三脚としてだけではなく動画撮影用にも適している。ボールヘッドを動かせば、上下の角度も自由に変えることが可能だ。

磁石の固定力に関しては、激しい揺れがなければ問題なく固定できるレベル。特に最重量であるiPhone 13 Pro Maxでも問題なく固定できていることから、それよりサイズの小さなモデルならより安心して使って頂ける事と思う。実際に自撮り棒みたいな使い方もできなくはなかった。(あまりオススメはしないが)

使わないときはこのようにおりたたみ、iPhone本体にマグネットで取り付けたままにしておくことも出来る。ただ、見た目に反して金属製なのである程度の重みは感じられる。(重量76g)

ツールの収納方法にも機能美へのこだわりが

三脚の脚の部分には、脚のトルク調整用のツールが内蔵されている。こちらは磁石で固定されており、本体に一体化するように内蔵されていることから、なくす心配や外出先でツールを持ってくることを忘れて困ると言ったこともなく、よく考えられた作りだと感心させられる。

実際このツールも形状が三角形になっているため、ネジを回す際も力が入りやすくなっており、サイズを考えると棒状の物の方が小さくて収納面で優れてはいるだろうが、あえてこの形状にしたことも使い勝手を意図してのことなのだろうと思われる。

iPhone使いなら迷わずオススメ

基本的にPeak Designの専用ケースでの運用が前提で作られているため、Androidスマートフォンをお使いの場合は別途専用ケースを用意する必要がある。また専用ケースも一部の機種しか対応していないため、自ずと使える機種は限られてくるのが欠点ではある。

その点iPhoneであれば、MagSafeに対応した12シリーズ以降であれば専用ケースが必要ではない為、iPhone 12以降をお使いの方で携帯用三脚を探してる方にはこれは是非オススメ出来る。

スマートフォンと一緒に持ち歩きが出来る携帯性、デザイン性、大型デバイスもしっかり支えられる剛性、どれを取っても最高レベルの製品であると断言できる。

あとは、価格が1万円近いため、そこを許容できればの話ではあるが・・・・・・。ただ、この品質と使い勝手を考えると、満足度はかなり高い。現時点で最高の携帯用スマートフォン用三脚であると思う。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 集積回路の画像
    次の記事

    Appleは5Gチップの生産をSamsungからTSMCに切り替えてバッテリー寿命の改善を図る意向

    2022年2月23日 10:39
  • 前の記事

    iOS 15.4, iPadOS 15.4, tvOS 15.4, & watchOS 8.5 Beta4が開発者向けにリリース

    2022年2月23日 8:36
    iOS 15.4 image
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • emt inrs equipe Liang scaled 1

    毎秒156兆フレームの撮影が可能な世界最速の超高速カメラが開発される

  • V RAPTOR XL Selects Rear V Lock

    Nikon、ハイエンドシネマカメラメーカーのREDを買収へ

  • nasa HULC test

    NASA、アルテミス宇宙飛行士の月面撮影にNikonのミラーレスカメラ「Z 9」を採用

  • smartphone photo shooting

    カメラのAI機能が進む現状に「本物の写真など存在しない」とSamsung幹部は語る

  • Millennium Camera

    1000年かけて1枚の写真を撮影する「ミレニアム・カメラ」

今読まれている記事