カメラのAI機能が進む現状に「本物の写真など存在しない」とSamsung幹部は語る

masapoco
投稿日 2024年2月3日 12:01
smartphone photo shooting

スマートフォンのカメラは、その物理的な制約から光学的な進歩が最近は足踏み状態だが、代わりにAIによる様々なトリックが取り入れられている。例えば、Google Pixelの顔を入れ替えて、存在しなかった最高の場面を作り出す「ベストテイク」などは便利な反面、最早それは果たして従来の意味での「写真」と呼べるものなのかという意見もある。

最近Galaxy S24シリーズを発表し、ここでもAI機能を前面に押し出していたSamsung幹部の意見はこうだ「本物の写真というものは存在しない」。

Galaxy S24シリーズに搭載される予定の「ジェネレーティブ・エディット(Generative Edit)」は、完璧な写真を目指して、画像の一部を人工的に消去、再コンポーズ、リマスターすることができる。こうして生成された写真は、最早現実を切り取ったものではないだろう。では写真とは何なのか?

SamsungのEVP Patrick Chomet氏は、TechRadarにこう語った:

昨年、月の写真についてMarques Brownlee氏によるとても素晴らしいビデオがありました。誰もが『フェイクなのか?偽物ではないのか?』という議論がありました。そして実際、本物の写真というものは存在しません。何かを捉えるセンサーがあれば、すぐに(見ているものを)再現してしまう。本当の絵などないのです。AIを使ってズームやオートフォーカス、シーンを最適化した場合、それは本物の写真なのでしょうか?それともすべてフィルターなのか?本当の写真など存在しないのです。

「本当の写真など存在しない」という考え方は、一部の写真家にとっては受け入れがたい発言だろう。だが、既にApple、Google、Samsungのような企業が販売する最新のスマートフォンでは、画像を生成するために、複数のカメラで複数のフレームを組み合わせるようになってきている。これは、PixelスマートフォンやGalaxyなどがセンセーショナルに発表した、“余計なものを消す”様な機能とは異なるが、だが”AI”によって実現している機能という面では同じものとも言える。

Samsungの戦略は、消費者が求めていると判断した2つのものを提供することだという。”瞬間”を捉える方法と、”新しい現実”を作り出す方法だ。そのどちらを選ぶかは、ユーザー自身なのだ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • salt mo
    次の記事

    ナト・カリ塩は高血圧予防に役立つ可能性があるが、なぜ使用する人が少ないのだろうか

    2024年2月3日 13:28
  • 前の記事

    世界でのAI投資が国家レベルで進むにつれ、NVIDIAは更なる利益を狙う

    2024年2月3日 11:26
    8c531df492e19fe1cc6ac101c75225b1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事