Raspberry Pi 5がついに登場!発売は10月末頃か

masapoco
投稿日
2023年9月28日 19:16
raspberry pi 5

本日、Raspberry Pi Foundationは、2019年から絶大な人気を誇るシングルボードコンピューター「Raspberry Pi 4」の後継機となる「Raspberry Pi 5」を発表した。これまでの世代アップグレードと同様に、同社は “プラットフォームのほぼすべての側面がアップグレードされた”と、大幅な性能向上をアピールしている。また、自社開発シリコンを搭載した初のRaspberry Pi標準サイズコンピューターでもある。

Raspberry Pi 5には、Raspberry Pi 4を駆動する28nmのBCM2711 APから派生したBroadcomの新しい16nmのアプリケーション・プロセッサー(AP)BCM2712が搭載されている。この頭脳に搭載されているのは、2.4GHzで動作する64ビットのクアッドコアArm Cortex-A76プロセッサーで、コアごとに512KBのL2キャッシュと2MBの共有L3キャッシュを備えている。4年前のRaspberry Pi 4と比較すると2〜3倍の性能向上を実現している。このデバイスには800MHzのVideoCore VIIグラフィックチップも搭載されており、Raspberry Pi Foundationはグラフィック性能の「大幅な向上」を実現していると述べている。

さらに、Raspberry Pi 5には、Raspberry Pi Foundationが初めて製造したコンポーネントが搭載されている。サウスブリッジは、周辺機器との通信をサポートするマザーボードの一部としても知られている。RP1サウスブリッジにより、Raspberry Pi Foundationは「周辺機器の性能と機能性が一段と向上し、外付けUASドライブやその他の周辺機器への転送速度が高速化した」と述べている。

また、2つの4レーン1.5Gbps MIPIトランシーバーを開放し、最大2台のカメラやディスプレイを接続できる。また、新たにシングルレーンのPCI Express 2.0インターフェイスが初めて搭載され、「高帯域幅の周辺機器」をサポートします。ただし、Raspberry Pi Foundationは、これを利用するにはM.2 HAT(Hardware Attached on Top)などのアダプタが別途必要になると指摘している。

ポート類では、HDR対応のデュアル4Kp60 HDMIディスプレイ出力、microSDスロット、2つのUSB 3.0ポート、2つのUSB 2.0ポート、ギガビット・イーサネット、USB-C経由の5V DC電源接続が期待できる。その他にも、Bluetooth 5.0とBluetooth Low Energy(LE)のサポートや、SDR104高速モードにより「2倍」になったSDカードのピーク性能など、優れた点がいくつかある。これらのアップグレードを組み合わせることで、Raspberry Pi 5は、超低予算のデスクトップPC、メディア・サーバー、あるいはDIYセキュリティ・システムなど、さらに多用途に使えるようになるだろう。

Raspberry Pi 5には、発売時に数種類のRAMオプションが用意され、4GB版が60ドル、8GB版が80ドルとなっている。そのため、Raspberry Pi 4よりも若干高価で、RAM 4GBで55ドル、8GBで75ドルとなっている。Raspberry Pi 5は10月末までに購入可能となる予定だ。

Raspberry Pi 5Raspberry Pi 4 Model B
SoCBroadcom BCM2712Broadcom BCM2711
CPU2.4GHz 4コア Cortex-A76 (ARMv8、64bit、L2: 512KB、L3: 2MB)1.5GHz 4コア Cortex-A72 (ARMv8、64bit、L1: データ用32KB 命令用48KB/Core、L2: 1MB)
GPUVideoCore VII®デュアルコア VideoCore VI® 500MHz
OpenGL ES 3.0対応、ハードウェアOpenVG対応
H.265(HEVC)4Kp60 デコード、H.264 1080p60 デコード / 1080p30 エンコード
メモリー1/2/4/8GB LPDDR4X-4267 SDRAM、2133MHz (製造は4GB、8GBモデルから開始)1/2/4/8GB LPDDR4-3200 SDRAM、1600MHz
RTC (Real Time Clock)RTCと電池コネクタなし
電源USB Type-C ソケット 5V 5.0A PD使用 / PoE+ (要オプション新PoE HATUSB Type-C ソケット 5V 3.0A / PoE (要オプションPoE HAT) / GPIO 2.54mm ピンヘッダ
消費電力(本体のみ)未公表アイドル:約3W、ストレス:約6.25W
サイズ85 × 56 × 18mm
OSRaspberry Pi OS (旧Raspbian、Debianベース)
生産国英国(U.K. Sony)
Raspberry Pi 5Raspberry Pi 4 Model B
イーサネット10/100/1000 Base-T RJ45 ソケット (BCM54213PE)
無線LANIEEE 802.11 b/g/n/ac 2.4/5GHz デュアルバンド (未公表)IEEE 802.11 b/g/n/ac 2.4/5GHz デュアルバンド (Cypress CYW43455)
BluetoothBluetooth 5.0, Bluetooth Low Energy (BLE) (未公表)Bluetooth 5.0 (4.2 ready), Bluetooth Low Energy (BLE) (Cypress CYW43455)
ビデオ出力2 × micro HDMI (最大4Kp60)、2 × MIPI DSI 4-lane (22pin 0.5mmピッチ) (カメラ入力と共有)2 × micro HDMI (最大4Kp60)、1 × MIPI DSI 2-lane(15pin 1mmピッチ) (カメラ入力と共有)、コンポジット 3.5mm 4極ジャック(PAL、NTSC)
オーディオ出力2 × HDMI(ビデオ出力と共有)、I2Sピンヘッダ2 × HDMI(ビデオ出力と共有)、I2Sピンヘッダ、3.5mm 4極ジャック
カメラ入力2 × MIPI CSI 4-lane (22pin 0.5mmピッチ)(ビデオ出力と共有)1 × MIPI DSI 2-lane(15pin 1mmピッチ)(ビデオ出力と共有)
PCIe1 × PCIe 2.0 シングルレーン (FFCコネクタ)なし
USB4 × USB Type-A ソケット (2 × USB 2.0、2 × USB 3.0)
GPIO コネクタ40ピン 2.54mm ピンヘッダー(26 × GPIO 3.3V 16mA、UART、I2C、SPI、I2S、PWM、5V出力(使用電源に依存)、3.3V出力 50mA(GPIO信号との総和))
カードスロットmicro SDメモリーカード(SDIO)

Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • ispace apex
    次の記事

    ispace、2026年に月へ飛ぶ新月着陸船を発表

    2023年9月29日 5:15
  • 前の記事

    欧州期待のAIスタートアップ Mistral AI が最初の大規模言語モデルをリリース

    2023年9月28日 17:10
    FireShot Capture 074 Mistral 7B Mistral AI Open source models mistral.ai
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • raspberry pi image

    Raspberry Piがロンドン市場でのIPOを計画している

  • tomshardware hzo demo

    水没しても動作するコンピュータを実現する新たなコーティングをHZOが披露

  • raspberry handson

    Arm、Raspberry Piの少数株式を取得

  • project cottonwood

    Raspberry Pi 4の2倍の性能を誇る新たなSBC「Project Cottonwood」が登場

  • raspberry handson

    Raspberry Piの在庫が回復し遥かに買いやすくなる

今読まれている記事