あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

欧州期待のAIスタートアップ Mistral AI が最初の大規模言語モデルをリリース

今年6月に、欧州のスタートアップとしては過去最高額の資金調達を行ったAIスタートアップの「Mistral AI」は、それから3か月足らずというスピード感で、最初の大規模言語モデルを公開した。同社によれば、このLLMは、他の同規模のモデルよりも優れた性能を持つとのことで、制限なく無料で使用できるという点が特徴だ。

Mistral 7B」と名付けられたこのモデルは、13.4ギガバイトのトレントなど、さまざまな手段でダウンロード可能だ。また、GitHubリポジトリとDiscordチャンネルも開設され、コラボレーションとトラブルシューティングのための場が提供されている。

このモデルはApache 2.0ライセンスの下でリリースされており、ホビーユーザーから多国籍企業まで、誰でもこのモデルを使用出来る。ただし、ローカルで実行するにはそれ相応のシステムが必要であり、場合によってはクラウドリソースの費用を支払う必要もあるだろう。

Mistral 7Bは、Llama 2などの他の「小型」大言語モデルをさらに洗練させたもので、一部の標準ベンチマークによれば、はるかに少ない計算コストで同様の機能を提供するという。GPT-4のような基盤モデルは、はるかに多くのことができるが、運用が非常に高価で複雑であるため、APIまたはリモートアクセスを介してのみ利用可能だ。

230927 bars
Mistral 7Bはすべての評価基準においてLlama 2 13Bを大きく上回り、Llama 34Bと同等の性能を示している。 (Credit: Mistral AI)

「私たちの野望は、オープンな生成AIコミュニティの主要なサポーターとなり、オープンなモデルを最先端の性能に引き上げることです。Mistral 7Bのパフォーマンスは、小さなモデルでも十分な説得力があればできることを実証している。これは、MistralのAIチームを編成し、トップ性能のMLopsスタックを再構築し、最も洗練されたデータ処理パイプラインをゼロから設計した、3ヶ月間の集中的な作業の結果です」と、同社はブログ投稿で述べている。

創設者達がそもそも既にDeepMind(Google)やMetaなどの第一線でAI開発を行ってきた猛者達であることを考えても、資金調達のニュースから3か月でのスピード感には驚かされる。

Mistral AIのビジネスモデルは、無料モデルで一部の機能を提供し、詳細に掘り下げたい場合は有料製品へと導く形を取っている。

「(私たちの商用サービスは)ホワイトボックス・ソリューションとして配布され、重みとコードソースの両方が利用可能になります。私たちは、ホスティングされたソリューションや企業向けの専用デプロイメントに積極的に取り組んでいます」と、Mistalは述べている。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする