あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Qualcomm CEO、Snapdragon搭載AI PCが「次世代Windows」と共に2024年半ばに登場と言及

Qualcommは本日、Snapdragon X Eliteチップを搭載したPCの第1弾を、Windowsの次期バージョンとともに今年の半ばに発売することを明らかにした。このことは、同社の決算説明会の中で、Cristiano Amon氏自身が言及した物だ。同氏はこの次期OSを単に「Windows」と呼ぶことにし、「Windows 11」や「Windows 12」のような特定のラベルを意図的に避けている。

「このチップセットを搭載した製品は、Windows AIの機能を多く備えたMicrosoft Windowsの次期バージョンと連携して発売される予定です。我々は、2024年半ばという、Windowsによって推進されるのと同じ日付を目指しています。 2024年、新学期の準備をしています」。

Snapdragon Elite X and Windows next gen

これはもちろん、コードネームHudson Valleyを使用するWindows 12について明確に言及しているわけではない。MicrosoftがWindowsの新バージョンを何と呼ぶのか、まだ確認されていないからだ。Windows 12というストレートな呼称を使うという見方もあれば、現在のWindows 11のブランド名のバリエーションになるという予想もある。

次世代Windowsのリリース時期が2024年半ばと言及されたのは今回が初めてではない。昨年、MicrosoftとそのハードウェアOEMパートナーは、6月に大量の「AI PC」を発表する準備を進めているという、似たようなことを主張する別のレポートが浮上した。Qualcommのほか、Intelの幹部も2024年に “Windows refresh”が予定されていると述べていた

これまでの報道を総合すると、次期Windowsとそれに対応するAI PCは今年の6月から7月頃に登場する説が濃厚のようだ。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする