あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

iOS 16.0及びiPadOS 16.0等のパブリックベータが公開

Appleは、現在開発中のiOS 16.0、iPadOS 16.0のテスター向けとなる最初のパブリックベータをリリースした。

macOS Venturaについても、同日パブリックベータがリリースされた。

WWDC 2022において、パブリックベータは7月と予告されていたため、予告通りのリリースとなる。

あわせて、tvOS 16.0、およびwatchOS 9.0もパブリックベータがリリースされている

iOS 16は、完全に刷新されたロック画面、メッセージアプリのメジャーアップデートなどの新機能を伴うので、興味がある方は試してみるのもいいだろう。ただし、あくまでもベータ版であるため、不具合がある事は念頭に置き、場合によってはメイン端末では利用しない方が賢明かも知れない。Appleもパブリックベータのインストールに際しては以下の通り警告を掲載している。

Apple Beta Software Programでは、発売前のソフトウェアをお客様にお試しいただいています。品質や使い勝手についてお客様からいただくフィードバックは、問題の特定、修正、およびApple製ソフトウェアのさらなる改良に役立たせていただきます。パブリックベータソフトウェアはAppleがまだ商業的に公開していないため、エラーや不正確な情報が含まれていたり、商業的に公開されているソフトウェアと同じようには機能しない可能性がありますので、ご注意ください。ベータ版ソフトウェアをインストールする前に、必ずiPhone、iPad、iPod touchとMacをTime Machineでバックアップしてください。

Apple

利用に際しては、

  1. Appleのパブリックベータテストプログラムにサインインした上で、ベータ版をインストールしたい端末を登録
  2. 「構成プロファイル」をダウンロードしてインストール
  3. 「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」とタップすれば、後は通常のアップデートと同様に該当の端末でパブリックベータが利用可能となる。
C157B478 6B14 4B17 8AED C953A650B4FA e1657571463681

iOS 16及びiPadOS 16の新機能については以下の通りだ。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする