iOS 16.0及びiPadOS 16.0等のパブリックベータ第3弾が公開 – バッテリーの%表示が復活

masapoco
投稿日 2022年8月10日 6:31
Apple WWDC22 iOS16 3up hero 220606

Appleは、現在開発中のiOS 16.0、iPadOS 16.0のテスター向けとなるパブリックベータの第3弾をリリースした。

macOS Venturaについても、同日パブリックベータ第3弾がリリースされた

あわせて、tvOS 16.0、およびwatchOS 9.0もパブリックベータがリリースされている。

新たなiOS 16.0パブリックベータ3では、バッテリー表示に数字による%表示が復活するなど細かな変更が見られる。

また、iOS 16は、完全に刷新されたロック画面、メッセージアプリのメジャーアップデートなどの新機能を伴うので、興味がある方は試してみるのもいいだろう。ただし、あくまでもベータ版であるため、不具合がある事は念頭に置き、場合によってはメイン端末では利用しない方が賢明かも知れない。Appleもパブリックベータのインストールに際しては以下の通り警告を掲載している。

Apple Beta Software Programでは、発売前のソフトウェアをお客様にお試しいただいています。品質や使い勝手についてお客様からいただくフィードバックは、問題の特定、修正、およびApple製ソフトウェアのさらなる改良に役立たせていただきます。パブリックベータソフトウェアはAppleがまだ商業的に公開していないため、エラーや不正確な情報が含まれていたり、商業的に公開されているソフトウェアと同じようには機能しない可能性がありますので、ご注意ください。ベータ版ソフトウェアをインストールする前に、必ずiPhone、iPad、iPod touchとMacをTime Machineでバックアップしてください。

Apple

利用に際しては、

  1. Appleのパブリックベータテストプログラムにサインインした上で、ベータ版をインストールしたい端末を登録
  2. 「構成プロファイル」をダウンロードしてインストール
  3. 「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」とタップすれば、後は通常のアップデートと同様に該当の端末でパブリックベータが利用可能となる。

iOS 16及びiPadOS 16の新機能については以下の通りだ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Apple WWDC22 macOS Ventura 3up addl features 220606
    次の記事

    AppleがmacOS Ventura 13.0のパブリックベータ第3弾をリリース

    2022年8月10日 6:33
  • 前の記事

    中国企業がNVIDIA Ampere A100よりも強力とする汎用GPUを発表 – 7nmプロセスで770億トランジスタを搭載

    2022年8月10日 6:18
    biren br100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事