中国企業がNVIDIA Ampere A100よりも強力とする汎用GPUを発表 – 7nmプロセスで770億トランジスタを搭載

masapoco
投稿日
2022年8月10日 6:18
biren br100

中国のBiren Technology社は、16ビット浮動小数点演算で最大1024Tflops、8ビット整数演算で最大2048Tflopsの性能を実現したGPU「BR100」を発表した。このソリューションは、特殊なハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)システムの一部として使用されることを想定している。

Birentech BR100は、中国企業が提供するフラッグシップ汎用GPUで、7nmプロセスノードを利用した自社製「BiLiren」GPUアーキテクチャを採用し、ダイ内に770億トランジスタを搭載している。このGPUは、TSMCの2.5D CoWoSパッケージングテクノロジーで製造され、300MBのオンチップキャッシュ、64GBのHBM2e(メモリ帯域幅2.3TB/秒)、PCIe Gen 5.0(CXL interconnect protocol)のサポートが搭載されている。

スペックを見ると、BR100の性能はNVIDIA Ampere A100よりも高いが、NVIDIAの最新アーキテクチャである「Hopper」を採用したソリューションと比較すると性能は半分以下だ。

同社は、770億トランジスタのチップは人間の脳神経細胞を模倣することができ、チップ自体はDNNやAI用途に使われるとしており、中国がNVIDIAのAI GPUに依存している現状を打破する突破口になるとしている。

Biren TechnologyはBR100のほかに、BR104というグラフィックチップも発表した。BR100の半分のスペックと約半分の性能を持ち、最大300Wの消費電力でPCIe拡張カードに利用できる。

また、Biren Technologyでは、自社製品のソフトウェアプラットフォーム「BIRENSUPA」を紹介。BaiduのPaddlePaddleなど、様々な一般的な機械学習フレームワークに対応しているとのことだ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Apple WWDC22 iOS16 3up hero 220606
    次の記事

    iOS 16.0及びiPadOS 16.0等のパブリックベータ第3弾が公開 – バッテリーの%表示が復活

    2022年8月10日 6:31
  • 前の記事

    Beats Fit Proに新色登場 – キム・カーダシアンとのコラボモデル

    2022年8月10日 5:59
    49802 97578 Beats Fit Pro Kim xl
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事