あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Jon Peddie Research(JPR)のレポートによると、ディスクリートグラフィックスカード市場は昨年第4四半期も回復を続け、出荷台数は2023年第3四半期比で6.8%増、2022年第4四半期比で32%増となった。NVIDIAとAMDはともに前四半期比、前年同期比で売上を伸ばしたが、AMDの伸び率は目を見張るほど大きく、その市場シェアは現在19%となっている。CPU市場も回復傾向にあり、出荷台数は2022年の水準に戻っている。

ディスクリートGPUの売上は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより2020年と2021年にはますます高い売上を記録したが、2022年には出荷が急激に減少した。これは、一部の国が景気後退に陥るなど、世界的に経済が弱体化したためと思われる。しかし、2023年はグラフィックスカードの販売回復の年であり、第4四半期は出荷台数が6.8%増加し、この傾向が続いた。

PR AIB 012

最終的に、こうした四半期ごとの連続的な出荷台数の増加により、2023年第4四半期のディスクリートGPUの出荷台数は、2022年第4四半期よりも32%増加した。2023年第1四半期と比較すると、その差は40%近くになる。デスクトップゲーム用GPUの販売増は、第3四半期に見られた販売増の大きな部分を占めており、おそらくそれは第4四半期にも続いている。

CPU出荷も同様に急速に回復しており、第4四半期は2022年の3四半期を上回っている。CPU市場はディスクリート・グラフィックス・カード市場よりも回復しているが、過去最高の出荷台数を記録した2020年と2021年に並ぶにはまだ不十分である。

3大GPUベンダーのうち、Intelの出荷台数はほぼ横ばいであったが、NVIDIAとAMDの出荷台数は四半期ベースでも年間ベースでも増加した。NVIDIAの出荷台数は第3四半期から4.7%増、2022年第4四半期から22.3%増となったが、AMDの前期比17%増、前年同期比117%増に比べれば大したことはない。AMDは、第4四半期と2023年全体におけるGPU市場の回復のかなりの部分を牽引した。

AIB PR 011

当然ながら、AMDはNVIDIAよりも速く成長したため、その市場シェアは第3四半期の17%から19%に増加した。また、AMDの市場シェアは、Radeonグラフィックスカードにとって非常に悪い年であった2022年第4四半期と比較しても7%増加している。JPRの推定では、AMDの2022年第3四半期の市場シェアは10%に過ぎず、これはおそらく2006年にATIとそのRadeonグラフィックス事業を買収して以来、AMDが最も低いレベルである。17%はまだ比較的低いが、確実に改善している。

JPRの創設者であるJon Peddie氏は、GPUの顧客は「かなり満足しており、ドルで投票している」ため、出荷が増加していると述べている。市場は「黄金期を迎えている」ように見えるが、Peddie氏は「過去の暗号やCovidの時のように、先走って過剰反応しないようにしよう」とも述べている。


Sources

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする