Western DigitalのKIOXIA買収に進展、事業分離後合併し新会社を日米で上場へ

masapoco
投稿日 2023年1月22日 16:29
KIOXIA ConsumerProductsLaunch 200408

昨年、Western Digitalが世界第2位のNANDメモリベンダーであるKIOXIAの買収に興味を示しているというニュースが流れたが、新たにBloombergが伝えたところによると、この話は両社の間で進展があり、Western Digitalがフラッシュメモリ事業を分離し、KIOXIAと合併して米国に上場する新会社を設立する事で決定したようだ。

また、より多くの資金を調達するため、新会社は日本での上場も視野に入れているとのことだ。

Western DigitalとKIOXIAは、現在、数ヶ月以内に合意に達する見込みだが、まだ最終的な決定がなされていないため、その他の変動要因がある可能性もある。

KIOXIAは、旧東芝メモリとして知られ、現在世界第2位のNANDメモリベンダーであり、昨年、Western Digitalと200億米ドルに達する買収交渉を行っていると噂されていた。順調にいけば、合併後はWestern Digital社の現CEOであるDavid Goeckeler氏が指揮を執る予定だ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • FireShot Capture 034 ChatGPT Optimizing Language Models for Dialogue openai.com
    次の記事

    ChatGPTの有料プラン「Professional」がまもなく開始か?月額42ドルで優先アクセスなどが可能に

    2023年2月2日 4:21
  • 前の記事

    Googleの人員削減の影響でFuchsiaとArea 120が大きな打撃

    2023年1月22日 7:03
    Google Pixel Tablet 1480x833 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事