あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

OpenAIの次期大規模言語モデル「GPT-4」は3月に発表「これまで人間にしか理解できなかった物が理解できるようになる」

2023年3月9日(現地時間)ドイツにて開催された「AI in Focus – Digital Kickoff」と題されたイベントにおいて、Microsoftドイツ法人のCTO兼Lead Data & AI STUのAndreas Braun氏が、OpenAIの大規模言語モデルの最新版である「GPT-4」のリリースが“来週”にも発表されることを明らかにした事が、ドイツのテック系メディア「heise online」によって報じられている。

「我々は来週GPT-4を紹介する予定です。そこでは、全く異なる可能性を提供するマルチモーダルモデルが登場します。例えば、動画などです」と、Braun氏は語っている。

同氏は、この大規模言語モデルを「ゲームチェンジャー」になるとしている。具体的には、自然言語の理解力が上がり、これまで人間にしか読めなかったもの、理解できなかったものを、機械が理解する事が出来る様になるという。また、ドイツ語で質問するとイタリア語で答えが返ってくるなど、「原理的にはすべての言語で機能する」ほど高度な技術とのことだ。マルチモーダリティによって、Microsoft(OpenAI)は「モデルを包括的にする」ことも考えているという。

とはいえ、今回のイベントのメインはGPT-4ではなく、GPTシリーズのような大規模言語モデルが企業にどのような破壊力を与えるのか、Azure-OpenAIの提供についてがメインであり、GPT-4についてはそれ以上の情報は述べられていない。

Braun氏はMicrosoft Germany の CEOであるMarianne Janik氏とともに、企業におけるAIがもたらす“破壊的イノベーション”について講演を行った。Janik氏は、人工知能の価値創造の可能性を強調し、現在のAI開発やChatGPTは「iPhoneの瞬間」であると、今が時代の転換点であることを力説している。

AIによる雇用の喪失を懸念する声もあるが、それは必ずしも訪れるものではなく、従来の仕事内容が変わり、新たな可能性が広がることで、刺激的な新しい職業が生まれるだろうと、Janik氏は述べている。同氏は、従業員にAIの使い方を教える社内コンピテンシーセンターを設立し、プロジェクトのアイデアをまとめることを勧めている。

さらにCEOは、Microsoftがモデルの学習に顧客のデータを使用しないことを強調した(ただし、ChatGPTポリシーによれば、少なくとも研究パートナーのOpenAIには適用されないか、適用されなかった)。

シニアAIスペシャリストのClemens Sieber氏とチーフテクノロジストビジネスデベロップメントAI & Emerging TechnologiesのHolger Kenn氏は、それぞれのチームが現在取り組んでいる実用的なAIの使い方やユースケースを紹介しつつ、技術的な背景も紹介した。Kenn氏は、画像だけでなく音楽や動画に応じてテキストを翻訳できるマルチモーダルAIがどのようなものかを説明し、GPT-3.5のモデルクラスに加えて、モデル内部でテキストを表示するために使用されるエンベディングについて語った。これらはすでにMicrosoft製品に組み込まれており、クラウド経由で「何百万ものクエリをAPIにマッピングすることができる」という。

Sieber氏は、現在すでに可能なことをユースケースで説明した。例えば、Speech-to-Textで通話した内容を録音しておけば、コールセンターの担当者が内容を要約して入力する手間が省ける。同氏によれば、1日3万件の電話を受けるオランダのMicrosoftの大口顧客では、1日500時間の労働時間を節約できるという。このプロジェクトのプロトタイプは2時間以内に作成され、1人の開発者が2週間で実装した。同氏によると、最も一般的な3つのユースケースは、従業員しかアクセスできない会社の知識に関する質問への回答、AIによる文書処理、コールセンターやコンタクトセンターでの話し言葉の処理による半自動化とのことだ。

運用の信頼性や事実の忠実性についての質問に対して、Siebler氏は「AIが必ず正解するとは限らないので、検証する必要がある」と述べている。Microsoftは現在、この問題に対処するための信頼性指標を作成しているとのことだ。

GPT-4については、「100兆個のパラメータ」を備えたものになるとのもあるが、CEOのSam Altman氏は事前の情報について、「まったくのでたらめ」であり、「誇張され過ぎている」と警鐘を鳴らしている


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする