「OneDrive」が15周年を迎え、新たなホーム画面や共有機能を順次導入していくことを発表

masapoco
投稿日 2022年8月10日 10:25
onedrive 15years

Microsoftは8月9日(現地時間)、同社のクラウドストレージサービス「OneDrive」が15周年を迎えたと発表した。公式ブログ「Microsoft 365 Blog」でこれまでの歴史を振り返りながら、今後の新たな改善について明らかにしている。

MicrosoftはOneDriveの15周年を記念して、“OneDrive Home”と呼ばれる新しいランディングページを作成する事を明らかにした。これまでのように、OneDriveを初めて開いたときに「マイファイル」タブが表示されるのではなく、オンライン版Officeのダッシュボードに似た新しい「ホーム」ページが表示されるようになるという。

Officeウェブアプリと同様に、OneDrive Homeにはファイルのリストが表示され、最近アクセスした順に整理されている。リストの上には、Word、Excel、PowerPoint、PDFのファイルタイプ別にドキュメントをソートするためのフィルタが配置される。

また、ファイルの共有に関して、「Office」アプリ、「SharePoint」および「Teams」との一貫性向上が図られる。共有対象やアクセス権の管理が、どのアプリでも同じように行うことができるようになるという。

Microsoftによると、OneDrive Homeは “今後数ヶ月以内に“利用可能になるとのことだ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Jen Hsun Huang Headshot 15313247387
    次の記事

    収益減のNVIDIAだが、CEOは従業員に賃上げを約束

    2023年3月5日 4:32
  • 前の記事

    宇宙空間まで届く巨大雷の謎に迫る

    2022年8月10日 9:00
    Lightning Strikes Up

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事