NVIDIA 2024-2025にデータセンター向け次世代GPU「GB200」と「GX200」をリリースすることを公式に明かす

masapoco
投稿日
2023年10月11日 16:25
TSMC 4Nノードで製造されるNVIDIAのGPU「H100」

NVIDIAは次世代のデータセンターおよびAI用GPUアクセラレータ、「GB200」「GX200」を2024年と2025年にそれぞれ計画していると公式に確認した。この発表は、先月行われた投資家向けプレゼンテーションで行われ、AIが現代のデータセンターをどのように変えているか、そしてNVIDIAがこれらの新しいワークロードを推進するためのハードウェアとソフトウェアの能力を提供しているかについて主に語られた。

過去2年間で、NVIDIAはHopper H100とAmpere A100 GPUを使用して、世界中のAIおよびHPC(高性能計算)の顧客のニーズに対応してきた。しかし、それは2024年にBlackwellの登場とともに変わる予定だ。Blackwellは、David Harold Blackwellにちなんで名付けられ、GH200 Hopperシリーズの後継となるGPUである。

更新されたロードマップによると、2024年に登場予定のHopper GH200 GPU(先日発表された)は、2024年から2025年にかけてBlackwell GB200プロセッサに引き継がれ、最終的にはその1年後にGX200 GPUが登場する。これらはグラフィックプロセッサーのコードネームだが、実際の製品にはH200、B100、X100といった名称が使われる。

NVIDIAは、GB200NVL(NVLINK)、標準のGB200、および視覚計算加速用のB40など、さまざまな製品を提供する予定だ。

また、NVIDIAはTSMCの3nmプロセスノードを使用してBlackwell GPUを製造するとの噂もあり、最初の顧客には2024年の第4四半期にチップが届けられるとされている。このGPUは、チップレット設計を採用する最初のHPC/AIアクセラレータとも予想されている。

GX200は、Blackwellに続くチップで、2025年にローンチが予定されている。NVIDIAはAIおよびHPC製品の間で2年ごとのサイクルを維持しているため、実際のユニットが出荷を開始するのは2026年になる可能性が高い。

さらに、NVIDIAは2024年と2025年に最大800Gb/sおよび1600Gb/sの転送速度を提供する新しいBluefieldおよびSpectrum製品による主要な「倍増」アップグレードを提供する計画である。

このロードマップは、Blackwellのデータセンター製品が2024年後半から2025年前半の間に発売されることを示唆しており、Xアーキテクチャの導入により多くの時間を割ける可能性がある。「X」の呼称がゲーミング製品にも適用されるかどうかはまだ不明である。しかし、BlackwellがGeForce RTX 50シリーズの一部としてデビューすることは確認されている。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Samsung HQ Image
    次の記事

    Samsung、前年同期比80%の減益を予想

    2023年10月11日 18:03
  • 前の記事

    AMD、AIソフトウェア企業Nod.aiを買収

    2023年10月11日 15:32
    shark sd Enhanced
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事