米国が撃墜した物体について、「エイリアンの宇宙船ではない」とホワイトハウスが発表

masapoco
投稿日 2023年2月15日 6:28
f 22 air

週末に米国領空で謎の物体が撃墜される事例が相次いだが、ホワイトハウス当局者は、これらの物体のいずれもがエイリアンの宇宙船であることを実証する「証拠はない」と述べている。

2週間前、米国空軍は、中国の監視用気球であると主張する気球を撃墜したが、中国は気球が監視用の物ではなく、民間の任務にあたるもので、偶然に米国領空に流れ込んだと主張している。この事件後、米空軍はさらに3機を撃墜したが、その起源は明らかにしていない。

宇宙船ではない

週末に米軍が墜落させた物体について秘密が保たれているため、その起源について疑念が持たれている。中国もまた、北部の港湾都市付近で謎の飛行物体を報告したため、「これは宇宙船なのではないか?」と、ネット上ででの噂はさらに勢いを増した。

国防総省とホワイトハウスは、宇宙船の起源と思われる詳細について口を閉ざしているが、地球外生命体である可能性は排除している。ホワイトハウスの報道官は、月曜日のメディアブリーフィングで、最近墜落した物体は、以前に墜落したスパイバルーンとは異なると述べた。

ジェット機着陸帯の上空約1万8000メートルを飛行していたスパイ気球とは異なり、金曜日に墜落した機体は約1万2000メートルを巡航し、民間航空機に脅威を与えていたのである。このことが撃墜の大きな要因となった。

3機とも基本的な情報を収集するために観察されたが、いくつかの共通点があった。いずれも先に発見されたスパイ気球より小型で、情報収集はしていたかもしれないが、情報発信はしていなかった。

また、推進力がないため、自力では移動できないことも分かった。破片が回収されれば、物体に関するさらなる詳細が明らかになる可能性がある。

金曜日に撃墜された物体は小型車程度の大きさだったが、ヒューロン湖上空で撃墜されたものはもっと小さかったと思われる。CNNによると、撃墜のために派遣されたF-16は、飛行物体が小型だったことから、銃やレーダー誘導ミサイルでこれを狙うことが困難であったと、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)のGlen D. VanHerck司令官は語っているとのことだ。

代わりに、ターゲットとその周囲の熱のコントラストを見ることができるAIM-9Xサイドワインダーが使用された。しかし、最初に発射されたミサイルは命中しなかったという。このミサイルがどうなったかはまだ不明である。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • chatgpt new bing 8
    次の記事

    AI搭載の新しいBingもやっぱり間違った答えを出す

    2023年2月15日 10:55
  • 前の記事

    Firefox 110がリリース – WebGLパフォーマンスが向上

    2023年2月15日 6:15
    firefox logo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事