あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Firefox 110がリリース – WebGLパフォーマンスが向上

Mozillaは、オープンソースWebブラウザの最新メジャーバージョンとなる、「Firefox 110」を発表した。

Firefox 110 のハイライトは以下の通りとなる。

  • Open / Opera GX および Vivaldi ウェブブラウザからのブックマーク、履歴、パスワードのインポートをサポート。これは、Chrome、Safari、Edge ブラウザからのインポートに加わる物となる。
  • GPU アクセラレーションによる Canvas2D のサポートが、Linux と macOS でデフォルトで有効になった。
  • Linux、macOS、Windows において、WebGL のパフォーマンスが向上。
  • GPU Sandboxing が Windows で有効になった。
  • セキュリティに関する様々な修正。
  • Firefox の企業利用における多くのバグ修正と新しいポリシー。
  • Firefox 110 for developers では、ユーザがページを印刷する際のサポートをより詳細に制御できる CSS named pages のサポートが追加さた。また、CSS サイズコンテナクエリのサポートが追加。

今回のアップデートでユーザにとって最も興味深いのは、WebGL のパフォーマンスの向上と、Linux でデフォルトとなったGPUアクセラレーションによるCanvas2Dのサポートだろうか。

Firefoxは、次回ブラウザを再起動したときに自動的にアップデートされる。また、メニュー>ヘルプ>Firefoxについて、または公式サイトからインストーラーをダウンロードすることで、強制的に最新版へアップデートすることも可能だ。Firefox 110の全リリースノートは以下のソースをご覧いただきたい。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする