あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

任天堂の人気ゲーム機「Nintendo Switch」の後継機はまだ正式発表されていないが、同社がこれを開発している事はまず間違いない。これがSwitch Proになるのか、それともSwitchの後継機になるのかは不明で、公式の情報は少ない物の、新たなリークでは、この新たなゲーム機を動かすSoCに関する新情報が得られた可能性がありそうだ。

Redditユーザーのfollowmeinblueが報告したように、Linux Kernel Mailing Listsで見つかった開発者のコメントで、NVIDIA Tegra239チップの存在が確認された。このコメントでは、このチップが8コアのCPUを搭載していることも確認されている。

このリーク自体には大きな意味はないが、Nintendo Switch後継機がNVIDIA OrinチップをカスタマイズしたT239チップを採用することを明らかにした信頼できるリーカー@kopite7kimi氏のリークが確認されたという点では注目に値するだろう。

このチップは、Ampereアーキテクチャをベースに、2.048個のCUDAコアを搭載したGPUと12xのARM Cortex-A78AEコアを搭載したCPUを搭載している。また、任天堂の次期ゲーム機は、NVIDIA DLSSとレイトレーシングをサポートすると噂されているが、これらはいずれも第2世代のNintendo SwitchのグラフィックスAPIで参照されているためだ。

2017年にベースモデルが発売された後、任天堂はLiteモデルや、ベースモデルよりもバッテリー寿命や画面が向上した有機ELモデルなど、複数のシステム改訂版をリリースしている。だが、後継機はNintendo Switchの発売から5年以上経った今でもまだアナウンスもなく、任天堂は「Nintendo Switchはまだライフサイクルの半ば」であるとの発言を行っている。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする