あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

NVIDIAの第4四半期の売上高は21%減の60.5億ドル、景気後退の影響を受ける

NVIDIAが発表した1月29日に終了した第4四半期の収益は60億5000万ドルで、景気後退がAIとゲームのチップメーカーに打撃を与え、21%減少した。

しかし、ジェネレーティブAIによる大きな需要は今年大きな機会を生み出すと予想されると、アナリストとの電話会議でColette Kress最高財務責任者は述べている。

当四半期のGAAPベースの希薄化後1株当たり利益は57セントで、前年同期比52%減、前四半期比111%増となりました。非GAAPベースの希薄化後1株当たり利益は88セントで、前年同期比33%減、前四半期比52%増となった。

2023 年度の売上高は 269.7 億ドルで、前年度比横ばいだった。GAAP方式の希薄化後1株当たり利益は1.74ドルで、前年同期から55%減少した。非GAAPベースの希薄化後1株当たり利益は3.34ドルで、前年同期から25%減少した。

「AIは変曲点にあり、あらゆる産業に達する広範な採用を設定しています。スタートアップから大企業まで、ジェネレーティブAIの汎用性と能力への関心が加速しています。」と、NVIDIAのCEOであるJensen Huang氏は声明で述べている。

加えて、「私たちは、お客様が生成AIと大規模言語モデルのブレークスルーを活用できるよう支援する体制を整えています。H100とそのTransformer Engine、Quantum-2ネットワーク・ファブリックを搭載した当社の新しいAIスーパーコンピューターは、本格的に稼働しています。」としている。

ゲーミング部門の回復

NVIDIA RTX4090 1

Huang氏は、同社のゲーム向けグラフィック・プロセッシング・ユニット(GPU)は回復基調にあると述べた。Kress氏によると、ゲーム売上は前年同期比46%減の18億3000万ドルだったが、前四半期比では16%増となった。前年同期比で減少したのは、在庫調整が後手に回ったことに基づくとクレス氏は述べた。特に中国が回復し始めたという。

「ゲーミングは、パンデミック後の低迷から回復しつつあり、ゲーマーはAIニューラルレンダリングを搭載した新しいAdaアーキテクチャのGPUを熱狂的に受け入れている。」と述べた。

年度のゲーム売上は27%減の90億7000万ドルだった。当四半期、NVIDIAはノートPC向けのGeForce RTX 40シリーズを発表し、性能と電力効率において同社史上最大の世代間飛躍を実現した。

また、NVIDIA Ada LovelaceアーキテクチャとNVIDIA DLSS 3テクノロジーを搭載し、GeForce RTX 3090 Tiよりも高速なGeForce RTX 4070 Tiを発表した。

DLSS 3は、Cyberpunk 2077、Portal with RTX、Marvel’s Spider-Man: Miles Moralesなど、50以上のゲームやアプリで利用可能、または近日提供予定とのことだ。

NVIDIAは、GeForce RTX 4080クラスの性能をNVIDIA Reflex、フルレイトレーシング、DLSS 3で実現するGeForce Now Ultimateメンバーシップ層も開始した。 また、Microsoftと10年契約を結び、Minecraft、Halo、Flight SimulatorなどのXbox PCゲームラインアップをGeForce Nowで提供することになった。

そしてNVIDIAは、大手クラウドサービスプロバイダーと提携し、NVIDIAの世界をリードするAIプラットフォームへのアクセスを企業に提供するAI as a Serviceを提供している。

顧客は、NVIDIA AIの各レイヤー(AIスーパーコンピューター、アクセラレーションライブラリーソフトウェア、または事前学習された生成AIモデル)をクラウドサービスとして利用できるようになるとのことだ。

すでにOracle Cloud Infrastructureで提供されているNVIDIA DGX Cloudを通じて、ブラウザを使ってNVIDIA DGX AIスーパーコンピュータを利用できるようになり、Microsoft Azure、Google Cloud Platformなども近々提供される予定だそうだ。AIプラットフォームのソフトウェア層では、大規模な言語モデルやその他のAIワークロードのトレーニングやデプロイのために、NVIDIA AI Enterpriseにアクセスできるようになる予定だ。また、AI Model as a Service層では、NVIDIAは、独自の生成AIモデルやサービスをビジネス向けに構築したい企業顧客に対して、NeMoおよびBioNeMoのカスタマイズ可能なAIモデルを提供する予定だ。

アナリストコールでフアン氏は、「我々は、AIをすべての企業顧客の手の届くところに置くためのインフラを整備しています。」と、述べている。

さらなる詳細は、3月20日から23日にかけて開催される同社の開発者会議GTCで共有される予定だ。

2024年度第1四半期について、NVIDIAは売上高を65億ドル、非GAAPベースの粗利益率を66.5%と見込んでいる。

「これはコンピュータ業界にとって素晴らしい瞬間であることは間違いない」と、Huang氏はアナリストコールで述べている。

AIをめぐる活動のレベルが加速しており、今が重要な瞬間だと述べた。

データセンター

NVIDIA Intel Hopper AI Systems With 4th Gen Xeon CPUs

第4四半期の売上は、前年同期比11%増、前四半期比6%減の36億2,000万ドルだった。通期売上高は41%増の150億1,000万ドルとなり、過去最高を記録した。

NVIDIAはドイツ銀行と提携し、金融サービス分野でのAIの利用を拡大すると発表した。また、NVIDIAは、NVIDIAアクセラレーションを利用できる次世代Dell PowerEdgeシステム15台に同社のチップが採用され、企業がAIを利用して効率的にビジネスを変革できるようになった。

プロフェッショナルなビジュアライゼーション

第4四半期の売上高は2億2600万ドルで、前年同期比65%減、前四半期比13%増となった。会計年度の売上高は27%減の15億4000万ドル。

NVIDIA Omniverse Enterpriseの機能を強化し、性能の向上、リアルタイムRTXレイ&パストレーシングの世代交代、ワークフローの合理化を通じて、チームが接続された3Dパイプラインを構築し、大規模な3D作品を開発できるように支援している。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする