あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

NVIDIAは、高性能なRTX ADAシリーズを中国市場に再び投入しようとしているようだ。最近のNVIDIA RTX Enterpriseドライバーの製造ブランチで確認された新しいRTX 5880 ADAワークステーションGPUは、米国の輸出制限を回避し、AD102 GPUを中国に出荷するために改良を施した物と見られる。

2022年11月、RTX 6000 ADAとRTX 4090は、中国への輸入が制限される高性能GPUのリストに追加された。これを受けて、NVIDIAはこれらのカードの性能を意図的に下げ、新たな制限に準拠しつつ、類似のハードウェア機能を維持する作業を進めている。

RTX 5880の詳細はまだ少ないが、AD102ベースのRTX 5000 ADAが新しい米国の輸出規則の影響を受けていないことから、AD102 GPUを採用する可能性が高い。そのため、仕様はRTX 6000と5000 ADAモデルの間に位置すると予想される。ただし、メモリ容量はRTX 6000(48GB)に近い可能性がある。メモリ容量、米国の制裁によって影響を受けない部分だからだ。

米国商務省のGina Raimondo長官は、NVIDIAが既存のソリューションを規制ガイドラインに合わせて再設計していることに懸念を示している。NVIDIAが特定の製品に関連する新しいSKUを導入し、中国により高性能なGPUへのアクセスを許可する場合、彼女は「翌日には」この製品を規制する意向を表明している。

NVIDIA RTX ADAワークステーションGPUには、RTX 6000 ADA、RTX 5880 ADA、RTX 5000 ADA、RTX 4500 ADAが含まれる。これらのGPUは、AD102またはAD104を採用し、CUDAコア、テンソルコア、ブーストクロック、メモリ、メモリバス、メモリクロック、最大帯域幅、FP32コンピュート、TDP、MSRPなどの異なる仕様を持っている。

この新しいRTX 5880 ADAは、中国市場におけるNVIDIAの戦略的な動きの一環として注目されている。米国の輸出規制に対応しつつ、高性能なGPUソリューションを提供することで、中国の技術市場における存在感を維持しようとしているのである。


Source

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする