あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

The Office Group(TOG)のワークスペースである「Black & White Building」は、ロンドンで最も高い木造のオフィスタワーとして有名になったが、この画期的な木造建築が、ついに正式にオープンした。

bDJuCpAQY9YDJWsKeGCNXe 1600 80.jpg
(Credit: Waugh Thistleton Architects)

このオフィス6階建てのオフィスビルは、鉄やコンクリートといった従来の建築資材をブナ、松、スプルース材に置き換えている。英国のWaugh Thistleton Architectsが設計したこのプロジェクトは、TOGの50のプロジェクトの中で初めて一から建設されたものだ。基礎はコンクリートだが、その他の骨組みはCLT(クロス・ラミネート・ティンバー)とLVL(ラミネート・ベニア・ランバー)で構成されている。鉄やセメントを使用した場合と比較して、CLTは同規模のコンクリート構造物よりも二酸化炭素排出量を37%削減することができる。

black and white building by waugh thistleton architects for the office group shoreditch london dezeen 2364 col 24 scaled 1
(Credit: Waugh Thistleton Architects)

Wallpaperのインタビューに応じたWaugh Thistleton ArchitectsのAndrew Waugh氏は、「木造建築は、従来の建築方法よりも4〜6ヶ月ほど早く建てられます。私たちにとってデザイン的に重要なのは、建物が洗練された部品のキットであることです:その気になれば分解することができます。」と、述べている。

また、木材をスロット状に組み合わせているため、解体も容易で、個々の部材を再利用することも可能だという。パッシブデザインの手法を用い、屋根に設置された80枚のソーラーパネルで電力を供給している。また、建物の中央には吹き抜けがあり、すべての階に自然光を届け、外壁に並んだ木製のルーバーは、省エネと熱の取り込みに役立っている。

waugh thistleton TOG black and white exploded
(Credit: Waugh Thistleton Architects)

TOGの共同設立者であるCharlie Green氏は、プレスリリースで「Black & White Buildingは、我々にとって、そして業界全体にとっても大きな前進となることを願っています。もうコンクリートや鉄骨を使った伝統的な建築は必要ないのです。」と述べている。

28のオフィス、6つの会議室、複数のラウンジ、ヨガスタジオ、キッチン、ルーフテラスを備えたこのビルのインテリアは、TOGがDaytrip Studiosに依頼したものだ。当然ながら、全体的な美しさは外観と同じオーガニックな雰囲気に仕上がっている。Daytripの共同設立者であるIwan Halstead氏はDezeenに、「私たちは、オリジナルのコンセプトとサステナブルな推進力に反応し、それをインテリアに継続したいと思いました。私たちは、建築の木材の部分を尊重し、祝福したかったのです。」と語っている。

black and white building by waugh thistleton architects for the office group shoreditch london dezeen 2364 col 17
(Credit: Waugh Thistleton Architects)

Halstead氏は、家具のおよそ80%がイギリスのサプライヤーから現地調達されたものだと付け加えた。さらに、Black & White Buildingの代わりに建てられたヴィクトリア朝の古い倉庫の梁は、新しい命を吹き込まれ、木の彫刻としてロビーに飾られている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする