あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

NASAの次世代宇宙船打ち上げロケット、スペース・ローンチ・システム(SLS)の9月打ち上げはなさそうだ。昨日、燃料漏れのためにアルテミス1の2回目の打ち上げを中止した後、9月6日に現在の打ち上げ枠が終了する前にミッションを開始できるかもしれないという希望もあったが、そうはならないようだ。

NASAの探査システム開発担当副長官であるJim Free氏は、記者会見で「この打ち上げ期間には打ち上げない」と述べた。

NASA によると、次の可能性のある打ち上げは 9 月 19 日から 10 月 4 日までで、それが失敗した場合は 10 月 17 日から 31 日までに設定される。

アルテミスミッションマネージャーのMichael Sarafin氏は、水素漏れは「大きい」とし、「有力な容疑者」の1つは燃料供給チューブのシールであると述べた。「これは対処可能な漏れではなかった」と言い添えた。

Sarafin氏によれば、漏れはコア・ブースターへの燃料パイプの1つが短時間に「不注意な」過加圧状態に陥ったことから始まったとのことだ。ミッション・コントロールからの「誤った」マニュアル・コマンドが事故の引き金となった。土曜日の時点で、それが燃料漏れの原因であるかどうかを知るのは時期尚早だが、ロケットの近くには十分な可燃性の水素ガスがあり、打ち上げには安全ではなかっただろうとSarafin氏は言った。「相関関係と因果関係は一致しないので、ここで結論を出すのは慎重でありたい」

原因が何であれ、NASAは現在、水素が漏れるのを防ぐはずの非金属ガスケットを交換する必要がある。NASAには、どのように作業を進めるか2つの選択肢がある。発射台39Bでガスケットを交換するか、ケネディ宇宙センターの車両組立棟(VAB)でガスケットを交換するかだ。どちらにも利点と欠点がある。

パッドで作業を行えば、NASAはシステムを極低温でテストすることができる。そうすれば、ロケットが再び打ち上げられるようになったときにどのような挙動を示すかについて、より良いアイデアを得ることができる。ただし、そのためにはSLSの周囲に筐体を作る必要がある。一方、VABでは、建物は囲いの役割を果たすが、試験は常温のみに制限される。

NASAは20日ごとにSLSの飛行終了システムのバッテリーをテストする必要があるため、最終的にSLSはVABに置かれることになりそうだ。このシステムにより、アメリカ宇宙軍はロケットが飛行中にコースを外れたり、何か問題が起きたりした場合に、ロケットを破壊することができる。NASAはこの試験をVABでしか行えないが、先日宇宙軍は通常の期限を5日延長してくれた。

アルテミス1は9月16日に打ち上げられ、10月4日に終了する。この期間には、他のミッションと重なる可能性がある。Space XのCrew-5のフライトは、10月3日にケネディ宇宙センターから打ち上げられる予定だ。したがって、NASAは10月17日に開かれ、今月末まで続く後続のウィンドウを目指す可能性が高い。来週、NASAが再び記者会見を行えば、もっと詳しいことがわかるだろうが、NASAのBill Nelson長官は、SLSが飛ぶ準備ができたと感じるまでは、アルテミス1を打ち上げようとはしないと断固とした態度で語った。「我々は正しいと思うまで打ち上げない」と彼は言った。「私はこれを宇宙計画の一部として見ており、その中でも安全性は我々のリストのトップにあります。 (中略)これは全く新しい乗り物、全く新しい技術、月に戻るという全く新しい目的、そして火星に行くための準備です。」とNelson朝刊は述べている。「そう、大変なんです。」

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする