あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

NASAがついにUFOに関する初の「真面目な」報告書を発表

独立委員会からの新たな報告を受けて、NASAはUFO(現在では未確認異常現象、UAPとして知られている)研究の責任者を任命し、他の機関と協力してUAPデータ収集の網を広げると発表した。

NASAのBill Nelson長官は、今日ワシントンのNASA本部で行われたニュースブリーフィングで、「これは、NASAがUAPを真剣に調査するために具体的な行動を起こした初めてのことである」と述べた。

NASAは当初、UAP研究責任者の名前を伏せていたが、その日のうちにMark McInerney氏であることを明らかにした。彼は以前、UAP問題に関してNASAの国防総省との連絡役を務めていた人物である。

Nelson氏は、これまでに記録された異常現象の背後にエイリアンがいるという考えを否定したが、オープンマインドでいることを約束した。

「これを一言一句違えることなく聞いていただくことが重要だと思います。NASAの独立研究チームは、UAPが地球外起源であるという証拠を発見しなかった。NASAの使命は未知のものを見つけることです。私は今日のコメントで、NASAではオープンに対応しており、この件に関しては透明性を保ちます」と何度か述べた。

NASAが実際に地球外生命体の証拠を共有するかどうか尋ねられたとき、彼は「そうなるに違いない」と答えた。

ニュースリリースでNelson氏は、McInerney氏はUAP研究のためのNASAのビジョンの実現に取り組むと述べた。「UAPを分析するために他の機関と協力するためにNASAの専門知識を使用し、異常のために空を検索するために人工知能と機械学習を適用することを含みます」。

省庁を超えた協力と、UAPの目撃情報を理解するためのAIの利用は、数ヶ月に及ぶ事実調査を受けた独立委員会の報告書の主要な勧告のひとつであった。また、16人のメンバーで構成された委員会は、NASAが一般市民から目撃報告を集めるための新しいツールを設置することができるとも述べている。

「パネルが想定しているのは、クラウドソーシングを活用した枠組みで、おそらくスマートフォンのアプリケーションを使って、より広範なデータを収集し、より多くの目と耳を現場に確保することである」と、パネルの議長であり、Simons Foundationの会長である物理学者のDavid Spergel氏は語った。

パネルによれば、NASAの航空安全報告システムは、国防総省のAARO(All-domain Anomaly Resolution Office:全領域異常解決局)によって作成されている軍事報告システムと並行して、UAPに関する民間データを収集するために活用される可能性があるという。

国防総省がUAP問題で主導的な役割を担っているのは、少なくともいくつかの目撃情報(たとえば、今年初めに全米の注目を集めた中国のスパイ気球事件)が、完全に地上的な国家安全保障上の懸念を引き起こすのではないかという懸念があるためだ。

本日の報告書は、異常現象の探索範囲を広げることを求めた。将来的には、ベラ・C・ルービン天文台を含む望遠鏡からのデータを分析し、より広い太陽系におけるUAPの兆候を探ることができるだろう、と報告書は述べている。チリにある連邦政府出資のルービン天文台は、2020年代半ばに広角スカイサーベイを開始する予定である。

静止延長観測(GeoXO)として知られる地球観測衛星システムは、UAP研究に関連する追加データを提供するかもしれない、と報告書は述べている。

報告書は、多くのUAP報告は、調査すれば説明がつくと指摘している。その例として、2015年に海軍の戦闘機と未確認飛行物体の遭遇を記録した「GoFast」ビデオを挙げている。その物体は信じられないようなスピードで移動しているように見えたが、ビデオを詳細に分析した結果、高高度の風に吹かれているだけで、視差効果によって速度を誤って判断していたことが判明した。

今日のブリーフィングで、ある質問者から、地球外の人工物や生物サンプルの証拠について聞いたという元アメリカ情報局員の最近の議会証言について質問があった。それに対してNelson氏は、1950年代のテレビ番組『Dragnet』について言及した。

「彼はよく『事実だけを』と言っていた」とNelson氏は述べた「『事実だけ。証拠を見せてくれ』ってね」。

NASA科学ミッション本部副本部長のNicola Fox氏は、NASAがUAP研究に特別にいくら予算を計上しているかについては明言を避けた。彼女はまた、NASAがUAP研究の責任者の名前を明かすことはないと述べた。

パネルの作業を監督したNASAのDan Evans氏は、UAPの話題はいまだに汚名に包まれていると述べた。彼は、パネリストたちが厄介な量のヘイトメールを受け取ったことを指摘した。

「この研究の過程でパネルメンバーが受け取ったものの中には、単なる荒らしだけでなく、実際に脅迫にまで発展したものもありました。私たちNASAは、科学的プロセスの神聖さと、私たちのチームのセキュリティと安全性を非常に重要視しています。私たちが新監督の名前を世間に公表しない理由の一部でもあります」と、同氏は述べた。

その数時間後、NASAはニュースリリースを更新し、受賞歴のある気象学者であるMcInerney氏をUAP研究ディレクターに指名した。1996年以来、McInerney氏はNASAのゴダード宇宙飛行センター、アメリカ海洋大気庁、国立ハリケーンセンターでさまざまな役職を務めてきた。

「NASAがMcInerney をUAP研究の責任者に選んだことを、関心の高さからお伝えします」と、Fox氏はX / Twitterへの投稿で述べた。「研究チームの報告書と調査結果を消化し続ける中で、UAPをより科学的に理解するための極めて重要な役割を担う彼を、どうか敬意を持って扱ってほしい」。


この記事は、ALAN BOYLE氏によって執筆され、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする