国防総省の最新報告書はUFO隠蔽を否定、しかし議論は続く

masapoco
投稿日
2024年3月9日 11:27
240308 nighthawk2

国防総省のUFO報告(現在では正式には未確認異常現象(UAP)と呼ばれている)を調査する部署は、今日、数十年にわたる宇宙人訪問の主張が虚偽または誤解であったとして、最も詳細な説明を行なった。

全領域異常解決オフィス(All-domain Anomaly Resolution Office: AARO)が議会の要請に応じて発表した歴史的記録報告書の第1巻には、新たな開示が含まれていた:2010年代、アメリカ政府関係者は、地球外テクノロジーがリバース・エンジニアリングされる可能性を調査する「コナ・ブルー( Kona Blue)」というコードネームのプログラム案を検討した。しかし、国土安全保障省はそのアイデアにメリットがないとして却下したという。

報告書によれば、「地球外生命体の工芸品も遺体も収集されたことはなく、この材料はコナ・ブルーの提唱者とその予想される契約者たちによって存在すると仮定されただけであった」。国防総省が資金を提供した以前のプログラムの一環としてUAP報告書を調査した外部の調査員も、同じ仮定をしていたとAAROは述べている。

そのプログラム(先進航空宇宙兵器システム応用プログラムまたは先進航空宇宙脅威識別プログラム(AAWSAP/AATIP)として知られていた)に関与していた調査員の一人は、エイリアンの視点を世間に向け続けようとしていることを明らかにした。

「今日、国防総省とその現在のUAP調査プログラムであるAAROは、意図的に不誠実で、不正確で、危険なほど誤解を招くような公開報告書を発表しました」。 2017年にUFO報告への新たな関心の火付け役となったLue Elizondoは、X / Twitterへの投稿で述べた。「私自身と真実を知っている他の人々は、情報公開を実現するための議会の努力を助けるために働き続けるつもりです」。

しかし、UFO/UAP報告書の分析を専門とする引退したソフトウェア・エンジニアのMick Westは、新たに発表された報告書は、宇宙人現象への信仰がいかに自己強化されうるかを示していると述べた。「超自然的なものへの信仰が……AAROが冷や水を浴びせようとしている現在のUFO騒動につながっているのです」とWestはX / Twitterで述べた

UFOの浮き沈み

この63ページの報告書は、1997年に50周年記念の “Case Closed”報告書のテーマとなった1947年のロズウェルUFO事件以前にさかのぼり、政府資金による未確認飛行物体の目撃調査の努力をたどっている。何ページにもわたって、プロジェクト・ブルーブックコンドン・レポートなど、UFOコミュニティではよく知られたプロジェクトが詳述されている。

AAROは、1969年にプロジェクト・ブルーブックが終了した後、UAP目撃情報を調査する公式の取り組みに「約40年の空白」があったことを認めた。この取り組みは2009年に本格的に再開されたが、その主な理由は、当時上院の多数党党首であった故Harry Reid上院議員(ネバダ州選出)の関心によるものであった。

数年間、国防総省の国防情報局はAAWSAP/AATIPの異常目撃調査に資金を提供していた。軍関係者による空中目撃の調査は、ネバダ州の億万長者Robert Bigelowが創設したBigelow Aerospace Advanced Space Studies社によって行われた。

2012年にAAWSAP/AATIPへの資金提供が終了した後も、Elizondo を含むプロジェクト関係者の何人かは別の役割で仕事を続けていた。彼らはまた、国土安全保障省を説得してコナ・ブルー・プログラムを立ち上げようとしたが、失敗に終わった。

国防総省が公式のUFO/UAP調査の仕事に戻るには、2020年までかかった。一連の構想は、ロシアや中国が開発した新技術が国家安全保障を脅かすかもしれないという可能性に焦点を当てたものだった。おそらくこの種の目撃談で最もよく知られているのは、米国を横断し、最終的に空軍戦闘機に撃墜された中国のスパイ気球に関する昨年の報告であろう。

UFOファイルからのハイライト

AAROは過去の報告書で、UAP目撃について地球外生命体による説明の証拠を発見できなかったと述べている。その代わりに、AAROは、いくつかの目撃例を除いて、すべて、気球、ドローン、空中乱気流、自然現象など、より平凡な原因によるものであるとしている。また、宇宙人の主張の中には、国家安全保障の機密プログラムを誤解しているものもあり、少数の目撃情報は説明のつかないままであるが、地球外活動の証拠とはみなされないという。

国防総省のPat Ryder報道官は、本日の報告書についての声明の中で、「すべての調査努力は、すべての分類レベルにおいて、ほとんどの目撃情報は普通の物体や現象であり、誤認の結果であるという結論に達した。AAROは、聞き取り調査によって提供された、名指しされ、説明された、隠されたUAPリバースエンジニアリングプログラムとされるものはすべて、存在しないか、地球外技術開発とは関係のない、誤認された本物の国家安全保障プログラムであるか、あるいは、廃止されたプログラムであると評価している」と、述べている。

本日の報告書は、よく議論されるいくつかのUAP事例を取り上げた:

  • AAROがインタビューした人物の一人は、ある軍人が地球外宇宙船に触れた方法を詳細に説明したと主張した。しかし、その将校は現在引退しており、ステルス戦闘機F-117ナイトホークに触れたという話をしている。
  • また、別のインタビュー対象者は、政府施設で地球外テクノロジーのテストと思われるものを目撃したと主張した。AAROは、「ほぼ間違いなく、UAPに関連しない本物の技術テストを目撃したもので、時間、場所、証言にある説明と強く一致している」と述べた。
  • さらにもう一つの主張は、Bigelow Aerospace Advanced Space Studies社がテストしたとされる金属材料に関するものであった。その物質は科学者によって特定できず、地球外起源である可能性を示唆するものもあった。しかしAAROは、さらなるテストの結果、その材料は “製造された地球上の合金であり、地球外の技術を示すものでも、特別な性質を持つものでもない “と述べた。AAROによれば、サンプルはおそらくアメリカ空軍のもので、マグネシウム、亜鉛、ビスマスが主成分で、鉛を含む微量元素も含まれている。

UAPフロンティアの次の課題

AAROは、未解決のUAP事件の調査を続けているという。本日の報告書の歴史的検証は11月1日までの話であり、それ以降に収集された情報は、次回の第2巻で扱われる予定である。

本日の報告書では、UAP捜査は不十分なデータとセンサー技術の限界によって難航していると指摘している。「軍事報告において、UAPが最も頻繁に捕捉されるセンサーは、戦闘用に調整され最適化されている。UAPは、精巧で高精細、多機能の情報・監視・偵察収集プラットフォームでは日常的に捕捉されない」とAAROは説明している。

この欠点に対処するため、AAROはGremlin Systemと呼ばれる新しい監視能力を開発中で、ハイパースペクトル画像で異常現象を追跡できるはずである。

DefenseScoopは、AARO所長代理のTim Phillipsの言葉を引用し、「我々は、エネルギー省の研究所など、いくつかの政府研究所と協力しており、ジョージア工科大学とは素晴らしいパートナーだ。そして、我々が行っているのは、ペリカンケースに入れることができる、配備可能で設定可能なセンサー群を開発することである」と、報じている

Phillipsによれば、このポータブルキットはテキサスでテストされており、現場でのハイパースペクトルデータの長期的な収集が可能になるという。

議会が昨年夏の下院小委員会のUAPS公聴会の続編を予定している可能性もある。今日のAAROの報告書によれば、このような主張の大部分は、「証拠がないにもかかわらず、そうだと信じている一群の個人による回りくどい報告の結果」だという。しかし、昨年の公聴会に参加したテネシー州選出のTim Burchett議員は、X / Twitterへの投稿でこの報告書を批判した:


この記事は、ALAN BOYLE氏によって執筆され、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • pixel 8 and watch 2
    次の記事

    “AI機能に注力した”はずのPixel 8はGemini Nanoを利用できない

    2024年3月9日 14:50
  • 前の記事

    Marvell、TSMCとの提携を2nmまで拡大、AIインフラをターゲットに

    2024年3月9日 9:50
    marvell hero feature graphic chip
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • future city

    先進文明はいつまで我々とコミュニケーションを取ろうとするのか?

  • ET Communication

    AIによってさまざまな種類の高度宇宙文明間の相互作用をシミュレート

  • fa54bcc810cf8eaf7841ea05ff715878

    異星人とのファーストコンタクトに備えるべきか?

  • ufo uap

    説明のつかないUFO目撃例の真相に迫るNASAの計画とは?

  • GrainyShotOfUFO

    NASAがついにUFOに関する初の「真面目な」報告書を発表

今読まれている記事