Microsoft、無償のWindows 11仮想マシンをアップデート

masapoco
投稿日 2022年12月12日 13:55
Windows 11 logo

先月、新しいWindows 11仮想マシンを無償でリリースしたMicrosoftだが、このほどアップデートを実施した。Windows 11 開発環境 2212 は、VMWare、第二世代のHyper-V、VirtualBox、Parallelsという、4種類の仮想化ソフトウェアでダウンロードできるようになった。

Microsoftの公式Windows 11仮想マシンは約20GBで、以下のツールが含まれている。

  • Windows 11 Enterprise(評価版)
  • Visual Studio 2022 Community Edition(UWP、.NET Desktop、Azure、Windows App SDK for C#ワークロードを使用可
  • Windows Subsystem for Linux 2(Ubuntuインストール済み)有効
  • Windowsターミナル搭載
  • デベロッパーモード有効


Microsoftによると、この仮想マシンは、最新バージョンのWindows、開発者ツール、SDK、サンプルをすぐに使ってWindowsアプリケーションの構築を始めたい人のために作られたものだという。また、Windows 11とその開発者用ツールボックスが提供するものを、迅速、簡単、かつ無料でチェックする方法でもある。

Microsoftは、2023年3月5日まで、アクティベーションなしで最新のVMを無料で使用できるようにしている(旧バージョンは2023年1月10日まで有効)。その後、Windows 11は、仮想マシンの使用を継続するために、正規のライセンスキーの入力を要求しする。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • lucid air saphire 05
    次の記事

    イーロン・マスク氏はLucidが長くないと考えている

    2022年12月12日 15:39
  • 前の記事

    食べ物の好き嫌いは単なる好みの問題だけではない可能性

    2022年12月22日 17:43
    eating

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事