Microsoftは6月に迫るInternet Explorerの終焉を改めてユーザーに伝えた

masapoco
投稿日 2022年3月17日 9:03
ie demise

Microsoftは、Windowsユーザーに対し、Internet Explorer 11を6月15日に廃止し、ChromiumベースのMicrosoft Edgeに置き換えることを改めて伝えた。

Microsoftは3月16日(米国時間)、「Windows message center|Microsoft Docs – Internet Explorer 11 desktop app retires June 15, 2022」において、Windows 10におけるInterner Explorer 11のサポートが2022年6月15日をもって終了することを再度伝えている。それ以降はユーザーがInternet Explorer 11(iexploer.exe)を実行しても、「Edge」にリダイレクトされ、Internet Explorer 11は起動しない。

Internet Explorer 11にしか対応していないレガシーコンテンツを閲覧したい場合は、「Edge」の「IE モード」が利用可能。「IE モード」は少なくとも2029年までサポートされる(OSのサポートがそれ以前に終わる場合は、それに従う)が、できるだけ早めの移行を検討すべきだろう。

今となってはほとんど使われなくなったInternet Explorerだが、一部の企業ユーザーでは未だにサポートの関係で利用を強制されている方もいるのではないだろうか。ついにというかやっとというか、MicrosoftによるInternet Explorerのサポートが6月15日に終了する。あと3か月も経たずに終了と言うことで、まだInternet Explorerを使っている場合は、Microsoft Edgeやその他のWebブラウザへの移行について、猶予があまりないので注意が必要だ。

また、以下のOSでは「IE 11」デスクトップアプリを引き続き利用できる。

  • Windows 8.1
  • Windows 7 Extended Security Updates(ESU)
  • Windows Server Semi-Annual Channel(SAC)(すべてのバージョン)
  • Windows 10 IoT Long-Term Servicing Channel(LTSC)(すべてのバージョン)
  • Windows Server LTSC(すべてのバージョン)
  • Windows 10 client LTSC(すべてのバージョン)

なお、Windows 11ではすでに廃止されており、Internet Explorer 11のデスクトップアプリは基本的に利用できない。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • vlcsnap 2022 03 17 10h47m28s727
    次の記事

    次の”原神”か?『Tower of Fantasy(幻塔)』PV初公開&CBT募集中

    2022年3月17日 10:48
  • 前の記事

    Google Pixel 7が予想よりも早く発売する可能性が浮上

    2022年6月1日 5:24
    Pixel 6 image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事