Microsoft、Arm版Windows向けアプリ開発者を支援する「Arm Advisory Service」を開始

masapoco
投稿日 2023年10月17日 10:36
Windows Dev Arm Arm Advisory Service

Microsoftは、WindowsアプリケーションをArmプロセッサー搭載PCで動作させるための支援を必要とするWindows開発者向けの新しい無料プログラム「Arm Advisory Service」を開始した。

Microsoftはブログの投稿で、新しいArm Advisory Serviceは、WindowsアプリがArmベースのWindows PC上でエミュレーションまたはネイティブ・ポートを介して実行されるという、開発者に対する同社の約束の延長であると述べている。

本日、正式にArm Advisory Serviceを発表しますが、私たちは3年以上にわたり、開発者がArmに最適化されたアプリを作るお手伝いをしてきました。私たちは開発者とパートナーシップを組み、ヒントやベストプラクティスを共有し、実質的な投資を行い、開発者サポートを拡大しています。例えば、当社のArm Advisory Serviceは、コード・サンプルの提供、コード・レビュー、開発のベスト・プラクティスの共有、およびデバッグの支援を通じて、Arm上のデータ損失防止(DLP)およびマルウェア対策製品スイートの分野ですでにISVを支援しています。

新プログラムは、いくつかの分野で開発者を支援する。その中には、質問に答えたり、ガイダンスを提供したりするための技術ワークショップも含まれる。また、Armプラットフォームの機能を追加するための提案も含まれる。プログラムにはコードサンプルも含まれ、ネイティブアプリの作成やArmへのアプリの移植で問題が見つかった場合の支援も行われる。最後に、このプログラムには、支援とフィードバックのためのMicrosoftエンジニアへのアクセスも含まれる。

Microsoftによると、この新しいプログラムはすでに、Dropbox、Cisco、HP、Broadcomなど、さまざまな企業の開発者がArmベースのWindowsアプリを作成するのを支援しているという。

Microsoftのこの新しいArmアプリ開発プログラムは、QualcommがPC向けに特化した新しいArmベースのSnapdragon Series Xプロセッサのティーザー発表を行った数日後に発表された。このチップの登場により、Windows PCがMacのような省電力性能と高パフォーマンスの両立を果たすことが期待される。新しいチップの詳細については、10月24日から26日にハワイのマウイ島で開催される「Snapdragon Summit」で明らかにされる予定だ。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • bank
    次の記事

    全銀ネットの障害は“メモリ不足”が原因だった

    2023年10月17日 10:50
  • 前の記事

    宇宙には星がたくさんあるのに、なぜこんなにも暗いのか?

    2023年10月17日 8:47
    Dark matter Abell1689 Hubble

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事