あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Micronは、次世代グラフィックスボードに使用される最初のGDDR7メモリ・デバイスを2024年前半に発表する計画を明らかにした。GDDR7メモリは、GDDR6やGDDR6Xを大幅に上回る性能を発揮すると期待されている。

MicronのCEOであるSanjay Mehrotra氏は、同社の決算説明会の一部として、「当社は、業界をリードする1ßノードを搭載した次世代G7製品を2024年上半期に投入する予定です」と述べている。

Micronは、2024年暦年前半に導入されるGDDR7 SGRAMデバイスについて、追加的な詳細については何も示さなかったが、この技術に関する一般的な事柄は、ここ数カ月の間にCadenceとSamsungによってすでに明らかにされている。

Samsungは、次世代GDDRが36GT/秒のデータ転送レートを達成することを期待しているが、彼らが新しいメモリの初期速度について話しているのか、それとも、成熟した後のことなのかは不明である。いずれにせよ、GDDR6Xが提供する現在の22~23GT/秒を上回れば、新しいタイプのメモリはハイエンド・グラフィックス・カードのような帯域幅を必要とするデバイスにとってより好ましいものになるだろう。

一方、Cadenceは以前、GDDR7が3レベルのパルス振幅変調(-1、0、+1信号レベルを含む)であるPAM3信号を使用し、2サイクルのスパンで3ビットのデータ転送を可能にすることを明らかにした。PAM3は、GDDR6が使用する2レベルのNRZと比較して、1サイクルあたりのデータ転送レートをより効率的にするため、より高いメモリ・インターフェイス・クロックへのアップグレードの必要性と、それに伴う信号損失の問題を軽減する。GDDR6Xは現在、PAM4(4ステート)で同様のことを行っているため、GDDR7はまだ少し異なることになる。PAM3 は最終的に、クロック・エッジあたりのデータ転送量が少し少なくなるが(2 ビットに対して 1.5 ビット)、その代わり、S/N 比の要件はそれほど厳しくない。

Micronは2024年前半に最初のGDDR7製品を発表する予定だが、新しいメモリ・デバイスの正式な発表は、その開発が終了したことを示すものであり、すぐに商用製品に使用されるわけではない。GDDR7は新しいエンコーディングメカニズムを採用しているため、全く新しいメモリコントローラ、ひいてはグラフィックプロセッサが必要となる。AMD、Intel、NVIDIAが2024年から2025年の間に次世代GPUを発表すると予想するのは妥当だが、これらのグラフィックス・プロセッサの正確な発表時期はまったく不明である。

今のところ、Cadenceは、GPUやその他のプロセッサの設計を確定する一方で、コントローラとPHYが次期仕様に準拠していることを確認する必要があるチップ設計者向けに、GDDR7検証ソリューションを提供している。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする