あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

MetaのTwitter対抗サービス「Threads」がサービス開始から1日で7000万ユーザーを獲得

Metaがトラブル続きのTwitterに対抗すべくリリースしたテキストベースのSNS「Threads」の登録者数増加が驚異的なスピードで続いている。7月6日午前8時に開始されたこのサービスは、既に7000万人以上のユーザーを抱えており、これまでChatGPTが保持していた史上最も急速に成長した消費者向けアプリの座を奪う勢いだ。

この最新のユーザー数のマイルストーンは、Metaの創設者兼CEOのMark Zuckerberg氏が、自身のThreadsのアカウントで発表し明らかになった。彼は、「我々の予想をはるかに超えている」と述べている。

Post by @zuck
View on Threads

彼はその投稿の前、Threadsがローンチ以来、約3000万人のユーザーを獲得したと述べていた。これは、実際の登録ペースが最初のラッシュからそれほど落ちていないことを示している。

もちろん、Threadsがこれほど人気がある大きな理由のひとつは、人々がInstagramのアカウント情報を使って登録できることだ。Instagramのユーザー数は10億人を超えているため、このユーザーベースを利用できるThreadsがユーザー獲得できる可能性は非常に大きく有利に働いていることは間違いない。

だが今後の成長については、MetaがThreadsをアップデートし続け、成長するコミュニティが求める機能を提供し続けることが前提だ。Instagramの責任者であるAdam Mosseri氏は、Threadsユーザーからの機能や改善の要望の多くに応えてきた。彼は、Threadsの編集、検索の改善、Webユーザー向けの完全機能版の追加、その他多くの機能が準備中であることを確認している。

近い将来実装されない機能として、Threadsユーザーへのダイレクトメッセージ(DM)機能がある。Mosseri氏は、Meta社はThreadsのために「また新たな受信トレイを作りたくない」と指摘した。今のところ、MetaはThreadsユーザーが他のソーシャル・メッセージング・サービスに投稿を送れるようにするだけでいいようだ。

Metaはすでに、Threadsの立ち上げをめぐってライバルのTwitterから牽制を受けている。TwitterはMetaに法的書簡を送り、同社がTwitterから企業秘密を持ち出したという主張と、Threadsの開発に元Twitter社のチームメンバーを雇ったという主張に対して訴訟を起こすと脅した。Metaはこれらの主張を否定している。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする