Meta、第3四半期は広告売上が大幅改善し売上高、利益は過去最高もハードウェア部門は過去最低を記録

masapoco
投稿日 2023年10月26日 12:34
eta quest 2 vs quest 3 high res e1695847973546

Facebook、Instagramの親会社Metaは本日、第3四半期決算を発表した。広告部門の売上は大きく伸び、従業員の解雇により収益は改善したが、同社のXR部門Reality Labsの収益が、Quest 3の発売を目前に控え、過去最低にまで落ち込んだことを明らかにした。 Metaの新ハードウェアがこの流れを変えるかどうか、ホリデー・シーズンに注目が集まっている。

Metaは本日、第3四半期決算説明会において、7-9月期に115億8000万ドル(1株当たり4.39ドル)の利益を上げたと発表した。前年同期の44億ドル(1株当たり1.64ドル)から増加した。売上高は277億1000万ドルから23%増の341億5000万ドル。また同時にReality Labsの最新の売上高を発表し、Quest 2が同社の注目の新製品であった時期には好調な業績を示していたが、ヘッドセットが古くなるにつれて平均して収益が減少している。そのため、Reality Labsの2023年第3四半期の収益は2億1000万ドルに落ち込み、前年同期比で27%の赤字となった。これは、Metaが2020年第4四半期にReality Labsの収益を公表し始めて以来、過去最低となった。

Facebook、Instagram、WhatsApp、Messengerを含む「アプリ・ファミリー」の月間アクティブユーザー数は、四半期末時点で39億6000万人で、前年同期比7%増だった。MetaはFacebook以外のアプリのユーザー数を公表していない。

コストと経費の合計は204億ドルで、前年同期比7%減少した。

MetaはReality Labsへの多額の投資を継続しているため、2023年第3四半期には部門全体で37億4000万ドルという途方もない損失を計上し、過去12四半期にわたる大幅な損失傾向が続いている。Metaは以前から投資家に対し、こうした多額の投資費用が回収できるのは2030年代になってからかもしれないと警告している。

来四半期は、新しいハードウェアとホリデー商戦の組み合わせにより、Reality Labsの収益が大幅に増加するはずだ。

Quest 3とMetaの新しいRay-Banスマートグラスは、第3四半期終了直後に発売された。つまり、これらの新製品が収益に与える影響は、第4四半期の決算発表までわからないということだ。

歴史的に、ホリデーシーズンの第4四半期はReality Labsにとって最高の業績であり、2023年第4四半期が同部門の売上記録である2022年第4四半期の8億7,700万ドルを上回れるかどうかが注目される。

電話会議でのコメントとして、Metaの幹部は、Quest 3やRay-Banスマートグラスの発売の業績について、現時点ではあまり多くを語らなかった。最初のレビューは好意的で、新製品の発売には満足しており、ホリデーシーズンに向けて市場に投入できることに興奮している、と述べただけだった。

決算発表後の時間外取引で株価は12.83ドル(4.3%)上昇し、312.36ドルとなった。終値は13.02ドル(4.3%)安の299.53ドルだった。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • e2deb80c8c45e74c33898602513f4877
    次の記事

    Google、2024年に多くの「次世代AIモデル」シリーズのリリースを計画

    2023年10月26日 12:49
  • 前の記事

    文明はおそらく宇宙で急速に広がっている

    2023年10月26日 12:07
    darkenergy scaled 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事