あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Meta、更なる人員削減計画として1万人の追加レイオフを発表

meta-facebook

ここ数週間噂されていたように、MetaのCEOであるMark Zuckerberg氏は、またしても同社の大規模な人員削減計画を発表した。今回のレイオフは、FacebookとInstagramの親会社の10,000人の従業員に影響する。これは、Metaが2022年11月に発表した11,000人のレイオフとは別のものとなり、合計で21,000人もの従業員が同社を去ることになる

Zuckerberg氏は今日、Metaの従業員に送った長文のメッセージを掲載した。彼はこう述べている。

“これは大変なことで、避けては通れないことです。それは、私たちの成功の一翼を担ってきた有能で情熱的な同僚たちと別れることを意味します。彼らは私たちの使命のために身を捧げてくれており、私は個人的に彼らの努力に感謝しています。私たちは、これまでと同じように人々をサポートし、すべての人にふさわしい感謝の気持ちをもって接していきます。”

今回のレイオフに加え、Meta社は現在募集している約5,000件の求人も閉鎖する予定だ。レイオフは、同社の技術系グループについては4月下旬に、ビジネス系グループについては5月下旬に開始される予定だという。Zuckerberg氏は、すべてのレイオフとその後のリストラを完了するためには、2023年末までかかるかもしれないと述べている。

また、同氏は、Metaが今後よりスリムな会社になることを計画しているとし、現在開発中のいくつかのプロジェクトが俎上に上る可能性を示唆している。

“よりスリムな組織は、最優先事項をより速く実行することができます。人々はより生産的になり、仕事はより楽しく、より充実したものになるでしょう。そして、最も優秀な人材をより多く集めることができるようになるのです。だからこそ、私たちは「効率化の年」に、重複するプロジェクトや優先順位の低いプロジェクトを中止し、すべての組織を可能な限りスリム化することに注力しています。”

Metaは、これらの変更と削減がすべて実施されたとき、確かにはるかに小さなビジネスとなるだろう。これが長期的にどのように会社を変えていくのか、興味深いところだ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする