あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

AppleはWWDC 2023のイベントで、同社初のARヘッドセットであるVision Proを発表し、大きな反響を呼んだ。このVision Proの登場は業界に衝撃を与え、競合他社に発破をかけることに繋がった可能性がある。

韓国の出版社Maekyungは、MetaがLGと手を組み、Apple Vision Proに対抗するハイエンドMR/ARヘッドセットを制作中であると報じている。この突然の提携は、Appleのヘッドセットが来年発売される予定であることから必要に迫られ生じた物であるとのことだ。

Maekyungはこう報じている:

Metaは、ハードウェア大手のLG電子と提携することで、Appleの「Vision Pro」を打ち負かす製品をリリースすることができる。LG電子も協業を通じてメタバース市場に深く参入できる。量産が確定すれば、LGグループ関連会社の様々な部品が導入される見通しだ。LG Electronicsが量産を担当し、LG Display、LG Innotek、LG Energy Solutionが部品を供給する。

Maekyungのレポートによると、このヘッドセットはAppleのVision Proに似たプレミアムなものになると予想されているが、一般消費者の手が届きやすいように、価格はAppleのものよりも低くなるという。さらに、Metaは2024年に200ドル以下の低価格モデルも発売する可能性がある。

ただし、これに先立ちMetaはQuest Proの生産を終了し、後継機種についても開発を凍結しているとも伝えられていた。その後、MetaのCTOはQuest Pro 2について、開発が続いている事を示唆している発言をしており、このデバイスは、2つのブランドの合弁事業の一環として、開発が加速される可能性もありそうだ。報道では、2025年にVision Proの直接の競合としてリリースされる可能性があるという。

MetaのプレミアムAR(拡張現実)ヘッドセットは、”Quest 4 Pro“と呼ばれるとされているが、既に“Quest Pro”がある中で、“Quest Pro 2”ではなく、Quest 4 Proという命名になるのは疑問でもある。

AppleのVision Proヘッドセットは2024年初頭、まずは米国向けにAppleのWebサイトと米国のApple Storeで購入できるようになる。ヘッドセットの価格は3,499ドルで、Macにも搭載されているM2チップと新しいR1チップの2つのアップルシリコンチップを搭載する。このデバイスにはバッテリーパックが含まれており、アップルによると1回の充電で最大2時間の使用が可能だという。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする