Logitech、フーシ派武装勢力によるコンテナ船襲撃の物流への影響を警告

masapoco
投稿日
2024年1月25日 12:22
logitech mouse

周辺機器大手のLogitech(日本名:ロジクール)は、フーシ派反政府勢力が紅海においてコンテナ船を襲撃している現状により、物流に遅れが生じ、コストに影響を与える可能性について警告している。

既に報じられているように、イエメンではイランに支援されたフーシ派の反政府勢力が、イスラエル軍によるガザでの砲撃に対抗して、イスラエル所有の船舶を攻撃し始めた。反政府勢力はまた、西側諸国の企業が所有するコンテナも攻撃し、イギリスとアメリカの報復を誘発した。

現在、船は喜望峰を経由するルートを変更し、最終目的地まで何日もかかるようになっている。2023年にはわずか51隻だったが、この数字は1月だけですでに3倍になっている。

Logitechは、特にヨーロッパ市場向けの製品について、輸送を安全に行うために、より長く、より遅い航路を取る必要があり、これまでよりも“30日長くかかる”など、大きな影響が出ている。遅いだけでなく、これはよりコストのかかるものでもあり、Logitech CEOのHanneke Faber氏がReutersのインタビューで語っている所では、企業の利益に影響を与えると見ているようだ。そして、「その影響は今後数四半期に及ぶだろう」とも述べている。

もちろん、船会社はルートを変更するために、より多くの時間、燃料、人件費などを費やす必要がある。しかし、Logitechは、余分な時間がかかるということは、在庫への影響を避けることが難しくなるということだとも指摘している。CEOによると、Logitech はボトルネック問題を解決するために航空貨物を利用することは厭わないようだが、航空輸送に大きくシフトすることはないだろう。

前述したように、紅海の危機は主にアジアとヨーロッパの貿易に影響を与える。Feber氏は、このため、より遅く、より高価な輸送方法は、主に同社のビジネスの約30%を占める地域に影響を及ぼすと指摘している。ただし、状況はまだ、新型コロナウイルス感染症時の海運危機の時よりははるかにましだ、とFeber氏は指摘している。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • child
    次の記事

    米中共同の遺伝子治療試験の結果、先天性難聴を持つ子どもの聴力が回復を見せる

    2024年1月25日 13:48
  • 前の記事

    2種類の分子状窒化ホウ素を組み合わせることで、より高速で強力な電子機器に使用されるハイブリッド材料が生まれる可能性

    2024年1月25日 11:50
    file 20231220 23 komtmy
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Live S streamlabs setup web

    ロジクール、LoupedeckデバイスをStreamlabsのコントローラーにするプラグインを発表

  • Loupedeck Live S highlight2

    LogitechがストリーミングコントローラーメーカーLoupedeckを買収

  • blue mic

    マイクブランド「Blue」が消滅へ

  • logitech mouse

    Logitech、iFixitと提携しユーザーが自分でマウスなどのデバイスを修理できるプログラムを開始

  • Amazon Hub Delivery Partner Program Press Conference

    近くのお店がAmazonの商品を配達してくれる、「Hubデリバリーパートナープログラム」が開始

今読まれている記事