あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Amazonは、日本において、新しい独自の配送プログラムである、「Amazon Hubデリバリーパートナープログラム」を開始する事を12月19日(月)に発表した。これは、空き時間に地域内の配達を行う事で、中小企業が副収入を得る機会を提供するものだ。物流業界で叫ばれている人手不足に対するAmazonなりの1つの回答とも言えよう。

Amazon Hubデリバリーは登録制で、登録パートナーは、その日の営業スケジュールに合わせて、空き時間などに配送を行うことができる。Amazonは決められた日にパートナーの事業所や営業所、店舗などにまとめて商品を届け、その商品をパートナー企業のオーナーやスタッフが空き時間を利用し、Amazonの顧客が指定する配送先に届ける。これにより、パートナー企業は本業に従事しながら、隙間時間を利用し、副収入を得ることができるというものだ。

パートナーは、自身の店舗や事業所から、最大で半径2km圏内での配達を受け持つことになる。配達の方法は自由だ。配達の個数や商品は様々だが、想定では1日に約30〜50個の場合、数時間程度での配達を見込んでいるという。

Amazonジャパンロジスティクス ディレクターのAwanish Narain Singh氏は、次のように述べている。

「Amazonは、これまでにもさまざまな取り組みを通して中小企業支援に注力してまいりました。Amazon Hubデリバリーパートナープログラムにより、地元企業がAmazonのテクノロジーを活用し、活躍の場を広げ、日本のラストマイル配送の新時代をともに切り拓くことができると考えています。パートナー企業の皆さまは、空き時間を利用して柔軟に受託業務を行い、副収入を得ることができます。Amazonは、皆さまの成長を加速させ、日本の経済発展を支えるパートナーとして、引き続き尽力してまいります。」

Amazon Hubデリバリーパートナープログラムは、所定の条件を満たせば誰でも登録可能だ。配送パートナーになるための主な条件は、オーナーまたはスタッフ等がオフピーク時に配達時間を確保できること、そして商品を保管するための十分なスペースがあることなどだ。

現在、Amazon Hubデリバリーパートナープログラムの募集対象エリアは、東京・千葉・埼玉・神奈川・大阪・京都・兵庫・愛知・福岡の9か所だが、今後日本全国の中小企業が利用出来る様にエリアの拡大を目指していくという。

また、Amazon Hubデリバリーパートナープログラムは、インド、スペイン、メキシコでも運用されている。(2022年12月現在)。

Amazon Hub デリバリーパートナープログラムについての詳細はこちらとなる。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする