あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

LEGO GroupとEpic Gamesは、子供たちの幸福とプライバシーを優先し、親が体験を形成するためのツールを提供する、子供に優しいメタバースを作成するためにパートナーシップを締結したことを発表した。

具体的な内容について、両者は触れていないが、開発を推進するために「3つの原則」に基づき進めていくことを明らかにしている。曰く

  • 子供たちの幸福を優先すること
  • 子供たちのプライバシーを保護すること
  • 子供から大人までがデジタル体験を形作るために必要なツールを身につけること

今回の発表に際し、Epic Gamesの創業者兼CEOのTim Sweeney氏はこう語っている

LEGO Groupは1世紀近くにわたり、創造的な遊びを通して子供と大人の想像力を魅了してきました。私たちは、メタバースにおいて、子供と家族のために作られた、楽しくて面白い空間を一緒に作ることに興奮しています。

メタバースの定義については様々な意見があるが、一般的にインターネットの次の進化であると考えられている。仮想空間のネットワークは、ユーザーがブランド、サービス、および相互にオンラインで対話するための新しい方法を提示する。これについて以前、Sweeney氏は、メタバースを一種のオンラインプレイグラウンド、マルチプレイヤーゲーム、ストリーミングエンターテインメントプラットフォーム、その他のデジタルエクスペリエンス間をシームレスに行き来しながら、人々がブランドや他のユーザーの両方と交流する共同スペースとして構想していると述べている。

新しいプロジェクトがどのような形になるのか、またはLEGOのおもちゃのブランドがエピックのメタバースの願望にどのように影響するのかは不明だ。

このLEGOとEpicのパートナーシップが、MinecraftやRobloxなどの他の人気のあるオンラインキッズゲームに挑戦する試みであることは明らかだが、今後シェアを奪うことが出来るかについては実際にLEGOのメタバースが本当に「子供と家族に優しい」物になるかどうかにかかっている。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする